SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2010.10.30

採寸方法につきまして!スラックス編

皆様こんにちは。

 

今日は台風が近づいているせいか・・・朝から雨が降り続いております。

今夜にも関東に上陸する恐れがあるようなので、お出かけされている皆様はお気をつけ下さい。

 

そんな私も、現在京橋店にてブログを書いておりますので・・・出勤しております。(大きな声では言えませんが・・・今日は早く帰りたいです。)

 

さて、本題に移らせていただきたいとおもいます。

2回にわたり採寸方法をご紹介させていただきましたが、今回が最終回になります。

 

それでは・・・簡単にですがご説明させていただきます。

 

 

総丈.jpg

 

 

 

←まずは、スラックス総丈の測り方です。

 ウエスト帯の上端から裾口までを縫い線に沿いながら

 真っ直ぐにお測り下さい。

 この寸法がとても大事になります。

 

 

 

 

 

 

  

 

股下-2.jpg

 

 

続きまして・・・股下の採寸です。

※股の付け根から裾口までを真っ直ぐに測ります。

※股上の採寸については、上述したスラックス総丈

 から股下を引いた数値が股上になります。

 

 スラックス総丈 - 股下 = 股上      

 

 

 

 

 

 

uesuto.jpg 

最後にウエスト採寸です。

ウエストは、ベルトを通す帯部分を端から端までお測り下さい。

この数値を2倍した数値がウエストサイズになります。

 

※帯の端から端までが40cmだった場合

 数値を2倍しますので80cmがウエストサイズになります。

 

 

 

 

以上で3回に分けてご紹介しました【オーダースーツの採寸方法】のご説明を終わらせていただきます。

 

採寸方法が分からない場合は、スタッフまでお気軽にご相談下さいね。さらに分かりやすくご説明させていただけると思いますので・・・。

 

または、リアルショップにご来店いただけると熟練のスタッフ(特にDAIZOさん)による採寸を体験できますよ。(合言葉は・・・そ~たけ!です。)

 

 

ページトップへ
2010.10.27

スーツ太平記 其の十七  大山巌のダンディズム

 西郷隆盛の従弟にあたるのが、大山巌(1842~1916)である。日露戦争時の元帥・満州軍

総司令官であり、後の元老である。

大山巌は、明治3年からヨーロッパ留学に出かけている。その留学中の大山巌は、どのよう

な服装であったのか。

――メーチニコフの「回想の明治維新」には、――わたしを迎えいれたのは、とびきり洒落た

グレーの背広を着込んだ、さほど若くはない紳士だった。彼は、ばかに大きい唇に喜びの笑

みをうかべ、法外なまでに幅の広い顔に極小のわし鼻を置き、ニスを流しこんだ二つの細い

すきまといったかっこうの眼をしていた。

――これは明治5年(1872)9月18日、スイス・ジュネーブでメーチコフと大山が初めて顔を

合せる場面である。両者を引き合わせたのは、レオン・ド・ロニー教授で、いわば交換授業の

提案だったのだ。つまり大山が、メーチニコフに日本語を教え、メーチニコフが大山にフランス

語を教えるという方法であった。今に遺されたその頃の大山の写真を見ると、たしかにダブ

ル前のラウンジ・ジャケットを着ている。下には、衿つきのヴェストを重ね、そこに懐中時計の

鎖をあしらっているのがわかる。

そして、白いハード・カラーのシャツに蝶ネクタイを結んでいる。たしかに現在の眼で眺めても

「洒落た」着こなしである。

メーチニコフの「回想の明治維新」を読むと、当時の日本人がいかにデタラメな西洋服を着て

いるかについて辛辣に述べているから、大山巌については、大いに真面目にほめている訳

だ。それにしても、明治5年のジュネーブで、フランス人の眼から見て「洒落た」と感じるほど

の背広の着こなしをした大山巌は、立派な人物であったと思う。

             出石尚三著「背広のすすめ」より抜粋――

 

 

大山巌.jpg 大山には、こんな逸話がある。

西南戦争の翌年、明治天皇が北陸、東海地方を巡幸された時、大山は、その同行を命じら

れた。天皇が大山に語り始めた。

「私は、西郷に育てられた。今、西郷は、賊の汚名を着せられ、さぞかし悔しかろうと思う。

私も悔しい。西郷亡き後、私は、その方を、西郷の身代わりと思うぞ。」

大山は、感激で身が震え、「もったいないお言葉でございます。全身全霊を陛下に捧げる

所存でございます。」と答えるのが、やっとだった。

しかし、この時の天皇のお言葉が、大山を生き返らせ

た。

「自分は、兄さぁの代わりとなろう。」

 その後の日清、日露の戦役を勝利に導き、太平洋戦

争終了後、日本占領軍総司令官マッカーサーでさえ、その銅像を破壊するのを中止させた

ほどの、若い頃よりの大山元帥ファンであった。

 日本ダンディズムの源流ともいうべき、この大山巌という男の人生は、西郷なしには、語

れないのである。

 

 カズ・オーヒラ 

ページトップへ
2010.10.27

(続)京橋スタイル

 

 みなさん、こんにちは!! ク~ル坂巻です。

 

 

本日の東京地方は気温が低めですが、秋晴れとなりました。昨日の強風とその風の冷たさには

びっくりしました。そんな体を温めるべく、昨日の夕食は・・・

 

秋の味覚 ≪秋刀魚≫ を食べました。\(^o^)/

 

  

サンマ画像.jpg秋のサンマは、脂分が多く『秋の味覚』の代表と呼ばれています。

和名「サンマ」の由来は、2つ有力説があり「サ(狭:狭い細い)」に起源あるとして「細長い魚」を意味する古称の「サマナ(狭真魚)」が「サマ」-「サンマ」と変化したとする説が1つ、

もう1つは、大群をなして泳ぐ習性を持つことから、

「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」を意味する「マ」からなる「サワンマ」が語源という説が有ります。

 

 

※サンマには、血液の流れを良くするといわれる「エイコサペンタエン酸」が多く含まれており、

 脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防する効果があるとされています。また、「ドコサヘキサエン酸」も

 豊富に含まれており、体内の悪玉コレステロールを減らす作用や脳細胞を活発化させ、頭の回転を

 良くする効果もあるとされています。

 

まだ食してない方は是非食べましょう。\(^o^)/因みに我が家の食べ方は、塩焼きか

焼いたあと醤油と大根おろしを添えた定番の食べ方です。(^_^)

 

 

 

さて、本題にはいります。m(__)m

 

先日、坂巻のWスーツを紹介しましたが、京橋店に展示用サンプルスーツが出来上がってまいりましたので、ご紹介いたします。

 

 

 

アロマスーツ⑧.JPG 

 

 

アロマスーツ⑨.JPG 

 服地は、フランネル地にチョークストライプのNB-09モデル。W6つ釦2つ掛けです。

この服地には「アロマ加工」が施されていて、

普段の動作で服地どうしが擦れ合うことにより、

フルーティーな香りがほのかにしてくるという優れものスーツです!!

 

この香りは、実際に女性の方にアンケートをとり、一番人気の高かった香りを服地に加工してあります。

みなさんも一度、香りを嗅いでみませんか!?

 

ご来店お待ちしております。

 

W6つ釦2つ掛けスーツ

   (税込)¥55,650-

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ
2010.10.26

60着分の29着

みなさま今晩はHISHIDAです。

 

本日は東京もやや肌寒い夜です。午前中からはハリス ツイード&ブリティツシュ ウールの注文が3件ほど有りました。さすがに人気がありますね。 話は変わりますが本日もDAIZOルームのコーナです。

今回は6年前に作ったスーツの紹介です。生地はサキソニー織ですで。フラノ素材まで厚く有りませんが軽くて暖かな織です。柄は2cm巾のチョーク ストライプ。ブルーと赤の色の組み合わせがマニアックです。

この頃は2釦のピーク衿のスタイルばっかり作っておりました。襟幅が11cmあるので迫力有りますね。

トルソーの下に有る生地2点は今週のお薦め服地です。正面左のグレー無地がイギリス製のマーチンソン社のシャーク スキン(鮫肌)織です。重量感があります。およそ330g~350g いいですね (+_+)

右側のグレーストライプはイタリア製、カノニコ社です。こちらは軽くてソフト感か魅力の服地です。  260g

いずれも1点物の商品です。お店にご来店の方のみの販売になります。皆様、お早めに。

 

 

 

スキャバル③.JPG

  

                                                                                                                                                                               

スキャバル④.JPG

 

商品 シングル2釦 衿ピーク型 チェンジポケットのスラント。 拝み釦付き。

バックスタイル ノーベント。 スラックスは2インタックのバギースタイル スソダブル4.5cm

生地メーカー スキャバル社 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ
2010.10.25

日本の庭園めぐり・・・こんなシリーズあったっけ?

休日に庭園に行こう!

庭園には、何かがある!

そう!庭園には、作った人の感性、生き方、思想があるのだ!

 

以前ご紹介した「六義園」にしろ、今回行ってきた「旧・古川庭園」にしろ作者が

訴えたい何かがあるのだ!

それを発見しに行こうという、若者では考えもつかない企画なのだぁ~!!!

 

旧古川庭園の建物

 

・・・っと、何を意気込んでいるのか?

わたくしども、メンズ・オーダースーツの世界に生きる者として無視できないこと、

これ、すなわち「美」である。

 

絵画にしてもそうだ。

特に油絵などは近づいてみても、ベタベタと絵具が張りついているだけのもの

にしか見えないが、少し離れてみると見事な絵になっている。

名画と呼ばれる所以でございます。

 

庭園も、それを構成する土、植物、建造物、鳥や虫などの生き物が見事に調和

ている。

 

ちなみに、10月だというのに蚊に刺された!

みなさん!虫よけスプレーなどが必要です。念のため。

 

上の写真は旧・古川庭園に立つ洋館である。

英国人がデザインしたらしいのだが、わがスーツファクトリーdpiも英国には一方ならぬ

恩義がある。

 

英国と言えば・・・。 

 

ちなみに、ここ(旧・古川庭園)のバラ園は見事でした!

えっ?なぜ写メを撮って来ないのかって?

ぜひご自身のお目でご覧頂いた方がいいですよ!

 

参考までに、庭園に行っても若い女性は少ないです。

ナンパ目的で行かない方がよろしいようで・・・。

 

たった1組だけ、変なカップルがいました。ベンチで抱き合っていた見た目50代の

中年男女・・・。

 

ナゾも多い・・・。

ページトップへ
2010.10.23

本当に・・・ちょっと一息

皆様こんにちは!

 

先週のブログで【紅葉が始まっている】とお伝えさせていただきましたが・・・その後、本当に【紅葉】を見に出かけてしまいました(^^)

 

その紅葉がこちら↓↓↓

紅葉1.jpg 紅葉2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むかって左の画像は、滝と紅葉の共演!!なんとも風流な景色ですよねぇ~。

ですが・・・携帯カメラの限界か?デジカメとに比べて、全体的に白っぽくなって写ってしまいました(^_^;)

携帯カメラで綺麗に写すのは難しいもんですねぇ~

 

右側は、その滝から続く川になります。

こちらの紅葉は距離が近かったので、携帯カメラでも綺麗に写すことができました。

 

正直な感想として・・・紅葉は少し早かったかなぁ~。

・・・ですが、目に優しい自然で精神的な疲れを癒すことができましたよ。

 

このあと・・・近くの足湯で体の疲れを癒してから帰路につきました。

 

いつもパソコンに向かっているので、たまにはこうして自然と向かい合うのも大事ですね。

デザイナーの方々は、自然からインスピレーションを感じて作品や仕事に生かすそうですし、

私も多少なりともインスピレーションを感じたはずのなので・・・WEBデザインに生かさねば・・・。

ページトップへ
2010.10.21

スーツ太平記  其の十六  堕落したメンズショップ

 くろすとしゆき氏のぼやきは続く―――

メンズショップは堕落した。死んでいる。

 一昔前、メンズショップの店内は活気に満ちていた。若い店員たちの自信にあふれた接客

態度、ピーンと緊張感の張りつめたウィンドーディスプレイ、若者たちは争ってメンズショップ

に殺到した。店の中には、アメリカがあった。ネイビーブレザー、コットンパンツ、マドラスボタ

ンダウン、コットンソックス、ひとつひとつに若者たちの血を沸かせ、興奮させる「ニオイ」があ

った。若者たちは、アメリカに飢えていた。アメリカを知りたがっていた。海外に出ることも容

易ではなかった時代、コカコーラを飲み、モダンジャズを聞き、アイビーで身を包むことが、

アメリカを知る手っ取り早い手段であった。初めのうちは恐る恐る、そして次第に勇敢に彼ら

は、それをモノにした。仲間のうちで最も新しく、最も正しいアメリカ情報をもった奴がリーダー

だった。ボスの座を守るため、彼らは本を読み、店員からひとかけらの知識でも得ようと懸命

になっていた。

 メンズショップの店員は、彼らの眼から見ると、まさに神様だった。こと服飾に関することなら

何でも知っていた。動く服飾事典だった。はては車のこと、食い物のこと、ガールフレンドのこ

とまでも、彼らのセンスと知識は止まることを知らなかった。

 あれから20年、もはやそれは神話になってしまった。

あなた方は、はずかしいとは思わないのか。あなた方は自分たちであきらめ、お客様は神様

だと口にすることで、救われようとしているにすぎないのだ。あなた方は被害者になりさがっ

ている。「しがないセールスマンですから」そんな逃げ口上なんか聞きたくない。あなた方は

常に加害者でいなければならないのだ。

「お客様のニーズの多様化」。なにを言っているのだ。お客の言うとうりに商品を揃えていた

ら、何百坪のスペースがあったってたりゃしない。

お客にそんなこと言わせるのが間違っている。なぜ、もっと強引に自己主張しないのか。

あなた方は、神様の座をいつの間にか、お客にゆずり渡してしまった。少しばかりの金と交換

に。この座を取り戻すのは容易ではない。でも、やればできる。やらなければいけない。

しゃれたウィンドウディスプレイ、落ち着いた照明の店内、主張ある厳選された商品、自信に

満ちた店員たち、これが、メンズショップ、これが専門店の正しい姿だ。メンズショップよ、目ざ

めよ、そしてたちあがれ。―――

 何と過激なアジテーションか。この文章は、今から40年以上前のものだ。我々の世代が、

まだ青春の頃、確かにメンズショップは聖地であった。

高度経済成長、ファッション産業の離陸、流通革命、情報革命、エコへの回帰、様々な社会

要因を経て、現在がある。

しかし、もう感動する店は、なくなった。

あの、ドキドキするショップは、もうない。

単に最新の流行ファッションに敏感だったり、第三国で製造して、プライスを安価にする努力

をしているショップしか目立たない。

ただ、かすかに光がさしこんでいるとすれば、他人に影響されず、かたくなに自己のライフス

タイルを大事にする人たちや、いいモノがわかる眼をもっている人たちが静かに増えてきて

いるということだ。

 こんな人たちこそ、レベルの高い会話や、純度の高い商品アドバイスのできるプロフェッショ

ナルな店員を待ち望んでいるのだ。

 志高く、勉強していきましょう。

 

    カズ・オーヒラ

 

 

 

ページトップへ
2010.10.20

坂巻、家庭菜園物語Ⅱ

 

 みなさん、こんにちは!! ク~ル坂巻です。

 

以前(二週間ほど前)にUPした家庭菜園の続編です\(^o^)/

 

その時の模様はこちら↓↓↓

http://www.sf-dpi.com/blog/2010/10/post-229.html

 

 

                  だいぶ大きくなってきました。  全体像です。

新菜園全体.JPG

 

 

    白菜です。                                      大根です。                                        

新白菜.JPG 新大根.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい仲間のブロッコリーです。                      こちらも新しい仲間のキャベツです。

新キャベツ.JPG 新ブロッコリー.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       こちらも新入りのホウレンソウです。

新ほうれんそう.JPG 

 

 これからも、成長を見守っていきたいと思います。収穫が楽しみです。

 

 我ら、dpiのメンバー達も日々成長 し、より一層お客様へ喜ばれるサービスを提供し続けて

いくよう努力していく所存でございます。宜しくお願い致します。m(__)m

 

 

ページトップへ
2010.10.19

60着分の28着

みなさま今晩はDAIZOです。

 

前回に引き続きDAIZOルームのご紹介です。今回もウインドペンのスーツです。 

私には珍しく肩パット無しのスーツです。坂巻店長の作ったダブルスーツと柄が似ていますね。

みなさまストライプ柄、無地系のスーツはお持ちと思いますが格子柄は後回し、いけませんね(+_+)

格子柄は上下、別々に着回しが可能です。

 例 上着格子柄の場合、スラックスは無地のグレー サキソニー、タッサー、フラノ服地のスラッス

カジュアルでは綿 スラックス、ジーパンもオッケーです。

少し痩せた感じがしますが全然痩せてません。

 

紺格子③.JPG

今年は格子柄のスーツを着回そうと思います。写真の生地は京橋店、一押しのブリティッシュ ウール素材の商品です。ヒンテージ風で織っている事もありかなり重いです。妻からスーツを作ってもいいという返事も頂き心うきうき状態です。 11月5日頃、商品として出来上がって来ます。

DAIZOUルームでご紹介しますのでお楽しみに。私が楽しみなだけですね (T_T)

 

 

 

ブリティッシュ ウール 2.JPG

 

ページトップへ
2010.10.18

秋・・・

本格的に秋モードですね。

秋を感じる・・・

それはフロに入る前に、体重計に乗るとわかります。

 

夏場に比べ2㎏ほど増えたら要注意。

まず、仕事中の間食を止めるべきです。

 

秋・・・。

スポーツが熱いですね。

プロ野球、サッカー、ゴルフ、そしてこれから始まる冬スポーツ

 

とくにサッカーの日本代表戦。

ここ2試合、いい試合をしています。

 

秋・・・。

早々と来年の手帳の売りだしメールが届く。

 

秋・・・。

焼酎のお湯割りが呑みたくなる。

 

秋・・・。

ウチの母の誕生月(10月)

 

秋・・・。

フロ上がり、夜風にあたりながらついつい夜中まで読書してしまう。

 

秋・・・。

一向に上向かない景気

 

人それぞれの秋、スーツをおひとついかが?

 

ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング