SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2011.09.29

スーツ太平記  其の六十二   先生もご愛用・マウンテンパーカ

 マウンテンパーカという服がある。名前のとおりアウティングウェアの代表選手のような服で

、防風が主目的。アウトドアライフでいちばん上に着るものだから丈夫で機能的でなければ

ならず、そこでコットン60%にナイロン40%の、いわゆる60/40というヘビーな素材を用い、フー

ドとウェストがコード、また袖口はベルクロでしっかり締まり、ポケットが前面に3,4個、背中に

も大きいのが1個付くのが標準的なデザインになっている。

 

シェラ.jpg 原形は北欧原産のアノラックにちがいないが、それを米国人が米国的合理精神で、プルオ

ーバーをジッパーとドットボタンの前開きに替え、ポケットを増し、ハンドウォーマーを設け、な

どと改めたのがマウンテンパーカの基本形である。

だから、本来は狩猟、ハイキング、スキーなどで着たものだけれど、アウティング志向の学生

たちがキャンパスで着たのから始まって一般に普及、それが日本にも及んで日常着化したも

のだ。歴史が浅くても確固たるベーシックウェアになり得る、これは好例だと思う。

 おもしろいのは、米国で学者、大学教授といった人たちがたいへんにこの服を好んでいるこ

とで、特に自然科学、物理学なんかの先生方はきまってマウンテンパーカを愛用されている

 

 

ヘビーデューテイ.jpg 学校でも、またテレビの教養番組なども、しかつめらしい学者先生がツィードの上着の上に

マウンテンパーカ、片手に双眼鏡、片手に分厚い本など持ってフィールドワークをされる様子

など、よく見る。

みるからに象牙の塔にこもっていそうな学者先生が、この行動的な服を、それもトラッドなネ

クタイ姿の上に着るところにこの着こなしのおもしろさがあるわけで、学生風俗を見習ったの

かもしれないけれど、いずれにしても、いかにも米国の先生らしい着方であって、ほほえまし

い。 

 日本でも、生物や地質の学者先生がフィールドワークでアウティングウェアを着ているのに

出会ったことがあるけれど、こちらの方はいかにもリアルな作業服、といったところが東西学

者先生の服装くらべなのである。

                         小林泰彦 「男の定番図鑑」より抜粋

 コート替わりに裏地にウール地を貼ったマウンテンパーカを着用するのも、なかなか防寒着

として役に立つし、カッコもいいのでおすすめである。

                               カズ・オーヒラ

 

ページトップへ
2011.09.28

F様!!ハリスツィードのジャケット、かなりキマッてます。

 

 みなさん、こんにちは!! 坂巻です。

 

 ここ最近、過ごしやすい陽気が続いておりますが、皆さんは

いかがお過ごしでしょうか?!

 私自身は、10月に町内の運動会のリレーのメンバーに選ばれてしまい、

運動不足な体を徐々に動かして、何とか当日はズッコケない様に運動しています。

そんな日頃の運動不足解消の為、室内でできるエクササイズバイクを買ってしまいました。(+o+)

ほぼ毎日30分~1時間ペダルを漕ぎまくっております。 

当日まで間に合えば良いのですが・・・(>_<)

 

 

 

 

     さて、本日はハリスツィードのジャケットがとてもお似合いのF様の登場です。

 

 

 

 

20110926ハリス①.jpg            大手IT関連企業にお勤めのF様。

            ハリスツィードは数点お持ちですが、今回は、鮮やかなブルーでオーダー

            お顔出しは残念ながらNGとのことでした。(T_T)  リラックスポーズにて。

       ハリスツィード服地一覧

       http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpi/fablic/2011-aw-harristweed.html

 

 

 

 

 

20110926ハリス②.jpg                今度は正面向きのポーズをパシャリ。

                スエードの靴との相性ばっちりです。

 

 

 

 

 

 

20110926ハリス③.jpg                 裏地はキュプラ100%のコバルトグリーンをチョイス。

                ブルーのジャケットに負けない鮮やかさです。

                 100周年のブランドタグをチラリと。

 

         キュプラ裏地カラー見本

            http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpi/fablic/uraji-cupra100.html

 

     F様は、お父様からのご紹介がきっかけでオーダー(弊店)を知り、F様親子には

     長年お世話になっております。別の日にはお父様がご来店され、今度は娘さんの

     旦那さんをご紹介していただきました。ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

 

     F様、帰り間際に 『ジャケットを見ちゃうとベストも欲しくなりますね。』

     とおっしゃっておりました。 もちろん、ベスト単品のオーダーも可能です。

 

     次はベストのオーダー  是非お待ちしております。 <(_ _)>

 

 

ページトップへ
2011.09.28

    サヴィル クリフォード 社 服地でスリーピースお仕立

皆さまコンニチワ

 

 

本日は英国、サヴィル クリフォード社服地のご紹介です。                              創業は1899年、英国ハダース フィールドにある名門のミルです。日本では最近になって紹介されるケースが増えてきました。英国伝統の色柄のコレクションを得意としていますがその一方、英国 ポール スミスとのコレクションも有名です。ポール スミスのコレクションはマニアックなようです。 今回は京橋店に5点ほど生地が入ってきました。素材のクオリティーが最高です。 写真の生地は9月27日、S様よりご注文いただいた生地になります。

出来上がりは10月15日頃の予定です。後日ブログでにて紹介とさせていただきます。

楽しみです (^◇^)

 

 

 

110926_194646.jpg 菱田 1.jpg

 生地の色は明るめのネイビーです。生地は英国製になりますが色眼に関してはイタリー製服地にある鮮やかなブルーを思わせます。糸の細さはスーパー110sとなり手で触った感触はシルクのように滑らかな感触。 

 

110926_194552.jpg 菱田2.jpg

 

※ 前回に続き私ごとですが9月22日、23日と長野県の軽井沢にお邪魔しました。

 写真は全国的に有名な峠の釜めし荻野屋さんです。営業マンの方が看板の前で

商品の販売をされておりましたが写真を写したいとお願いすると心よく笑顔でお受けしてくれました。 お仕事中すみません、ありがとうございました。

 

 

110923_153820.jpg 菱田3.jpg

 軽井沢鬼押出し園。世界3大奇勝のひとつと言われています。天明3年(1783年)の浅間山火

によって生まれた、溶岩の芸術です。 この日は天気も良く最高の景色が眺められました。

 

 

110923_105844.jpg 菱田 4.jpg

 

    以上信州の高原よりdaizoがお伝えしました。 天気がいいけど少し寒いかな?

 

110923_113445.jpg 菱田 5.jpg

 

 

 

 

 

ページトップへ
2011.09.26

大人のブラックジャケット2011年秋冬バージョン発売間近!!

全国各地のお客様から、「寒いから早く冬シーズンの商品を掲載してくれ~」とご要望を

いただく最近です。

 

そう!ネットショップでは、北は北海道から、南は沖縄まで全国にお客様がいらっしゃい

ますので、そのリクエストも多様です。

 

現在、冬シーズン系の厚手の素材もそろいつつあり、現在必死にサイト作りに励んでおり

ますが、今日はそのひとつ「大人のブラックジャケット」のご紹介をさせていただきます。

 

読んで字のごとく黒い服地で作るジャケットですが、作りがかなりソフトで軽い仕上がりに

なっております。

 

どうしても秋冬シーズンは生地が厚く、重くなりますので、柔らかく軽い着心地のジャケッ

トを求められるお客様が多かったのです。

そう!「軽い、ソフト」というフレーズを聞いて「リーフジャケット」を連想された方は、かなり

dpi通でございますね!

え?別に嬉しくないですって?

 

▼大人のブラックジャケット   こんな感じです。

 

black-20110926.JPG

 

どうです?

見た目は、普通のテーラード・ジャケットと変わらないでしょ?

 

実は、単に軽くするだけでなく、美観を損なわないように仕立てるのは結構高い縫製技術を

要するのです。

ウチの工場長も頑張っております!

 

dpiでは、お客様のジャケットに対するニーズも高く、重宝されること間違いございません。

近日発売予定ですので、どうぞお楽しみに!!!

 

では!お互い「中間決算」を恙無く終わらせましょう!

 

ページトップへ
2011.09.22

スーツ太平記  其の六十一   旅はまだ終わらない

 もっぱら昔かかれた本を読んでいる。啄木、鴎外、八雲。当然のことだが、昔死んだひとに

は生臭さがない。

生きていれば癇(かん)にさわる癖も見えず、声も聞こえず、生そのものにからむ、うとましい

一切を歴史が洗い流して、あざやかに白い骨格だけを残す。

 

緑雨.jpg 齋藤緑雨は、自分の死亡広告の文案を友人の馬場孤蝶に託し、ひとりになって死んだ。

樋口一葉は「奇跡の一年」と呼ばれる短く激しい創作活動ののち、「石になります」、といって

瞑目した。

 

一葉.jpg石川啄木は、健康を疑わず、死の前年まで長生きするつもりでいた。しかし、もういけないと

なった日の朝、「たのむ」とひとこと金田一京助にいい残した。

夏目漱石は自分の本の売れ行きと家族の生活を不安に思い、「死ぬと困る」といって死んだ

 

漱石.jpg 若づくりをする。飽きっぽい。流行に対して軽恌、ことにあたって浮薄である。

早い者勝ちを当然と考え、それはいくらになるか、とまず尋ねる。わたしを含めたそんな現代

人と明治人がまるで正反対とはいわないが、彼らは少なくとも死に臨んで潔かった。

 明治人はひそかに散って地に敷き、やがて黒い腐食土となって積もった。

その土こそ、わたしたちを育てた土である。ひるがえって現代人はどうか。

死んでただの砂粒か。あるいは歴史が洗えば跡かたもない泥人形か。

 

鴎外.jpg 金などどうでもいい(わけでもないが)、やはり人間どう生きるかだ。どう老いて、どう死ぬか

だ。深夜、そんなことを考え、腕組みしてひとりうなずいていると、なんの花かは知らないが、

昔にかわらぬ花がほのかにかおる。

                       関川夏央 「家はあれども帰るを得ず」より抜粋

 旅はまだ終わらない。

ただ、出番を待っている。最期の出番になるだろう。それでいい。

俺に任せてくれ。若い奴らは黙って見とけ!

このヤマは俺にしかできない。

 

スティーブマックイーン.jpg昼行燈(ひるあんどん)と言われた俺が、窓際と言われている俺が、最期の花火打ち上げて

やる。

これしか能のない俺だ。これでいい、これでいいんだ。

 

夜のバイク(2).jpg会社のためでも、誰のためでもない。ただの自己満足さ。

あいつだけはわかっているかもしれない。

ヘッドライトもテールランプもつけたままだ。

 

夜のバイク.jpgただ、出番を待ってる。

                            カズ・オーヒラ

 

 

ページトップへ
2011.09.21

ハリス ツイード ジャケット 60分の57着

みなさま様今晩はdaizoです。

 

 

 

私も頑張ってハリス ツイードジャケット作りました。生地の色は薄いライトブラウンのヘリンボン柄

です。色が地味な感じがしたので衿型はノッチ型ではなくピークのスタイルで作りました。

いかがでしょうか? 腰ポケットはパッチ&フラップ型。派手になると思いましたが意外とおとなし眼の感じです。太ったせいか顔が大きく見えます。

 

 

 

新しいイメージ ハリス4-3.JPG

スラックスは以前ブログで紹介させていただいた、バギースラックス迫力あります。

衿幅は10cmです。ハリス ツイード本当にいいですね。11月頃からの着用になりますが、今から

楽しみでしょうがありません。

 

新しいイメージ ハリス 4.JPG

裏技で背中のベントは懐かしのボックス ベントにしてみました。みなさんこのベントスタイル

見かけた事が有りますか?センターベントと思いきや裏地とつながっている不思議なスタイル。

昔のカントリースタイルの服には比較的多かったようです。着用に対して動きづらいなどの問題は

全くありません。今年の秋冬はセンター&サイドもいいですがこの機会にボックスベントで後ろ姿の

お洒落を楽しんでみてはいかが (^_^)

 

新しいイメージ ハリス4-2.JPG

ハリスの決め手は内側に付く黒ラベルのワッペン、いつもの白ラペルもいいけど黒は重みが有って

高級感がよく出ています。早く11月にならないかな。きっと神田南店の大平さんも同じ事を想っているはずです (゜_゜) 来週は神田南店に応援でお邪魔します。当日は大平さんと勉強会を開こうと思っています。 

 

 

新しいイメージ ハリス4-4.JPG

 

 関東地区にお住まいの皆様、明日は間違いなく台風が直撃します。お互いにきおつけましょう。

おっとすみません、関東地区以外の皆様も注意して下さいね <(_ _)> それでは来週の火曜日に

また逢いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ
2011.09.20

男の背中

「男は背中で語れ」

「父の背中を見て来た」

 

背中、背中・・・。

 

自分では見えない部分、

風呂で一番洗いにくい場所・・・それが背中。

 

20110920.jpg

 

「敵に後を見せるな」

「背後を取られるな」

背中というのは、弱点でもあり、しかし、その人の人生の物語が見えるのも背中・・・。

わたくし感度が鈍く、人の背中を見ても、その人の人生が見えない。

 

わたしにもわかることは、後姿がカッコいいという人は確かにいる。

広い肩幅、しまったウエスト、そして筋肉が持ち上がったヒップのライン。

女性の曲線美とはまた異なる男の曲線美が見える。

 

ベストの腰のあたりの尾錠で、ウエスト部分を絞り調節して曲線美を演出する。

ちょっとカッコよくなった気分がする。

 

俳優では、舘ひろしのスーツ姿ってカッコいい。

彼はベストを着ているシーンが多い。

ちょっと、TVや映画の俳優の真似をするのも、オシャレが上達する "コツ" ッスね。

20110920-2.jpg

20110920-3.jpg

それにしても、新垣結衣カワイイなぁ・・・。

 

ページトップへ
2011.09.15

スーツ太平記  其の六十     同棲時代

 1970年代のはじめ、青年は貧乏だった。

精神も貧乏になりかけていた。連合赤軍事件はずっしりしたボディブロウで、精神までしびれ

るように効いた。

両岸に木賃アパートが壁を寄せて建ち並んだ神田川を、ツキのなかったネコがゴミに混じっ

てゆっくり流れていった。

 

連合赤軍.jpg 恋は思いつめるもの、ときた。    当時の流行だった。

つきあったら寝なきゃならないものと決めていた。これも流行だった。

いっしょに寝て、よるべない魂を寄せあわせなウソだ、とかなんとかサントリーホワイトを飲ん

でささやいたりもしたが、その実は貧乏だから素人(しろうと)の女の子を口説きおとしてやる

しかなかったわけだ。

リアリズムってやつは、ときどきゴムゾウリの汚れた足指を思い出させる。

 

神田川(1).jpg いっしょに暮らそう、と男は女の首筋を軽く噛んでいう。

いっしょに暮した方が安くつく。冬は暖房費が若干浮く。おれに金ないときにはあいつにはあ

る。とにかく実用的な狙いしかなかったのだが、言葉と行いで安っぽいメッキをつけるところ

があさましい。

 

神田川(2).jpg 台所が半間(はんげん)だけついた部屋があって、重たい鉄のコーヒーひきとブリキのカップ

があった。歯ブラシが二本あり、銭湯道具もふた組みあった。

髪の長い友だちが遊びにきてジャイアント・ボトルをあけた。ポテトチップスを主食のように食

べ、緑色の豆をハトのようについばんだ。

白いギターを質屋から買ってきて弾いてみたが、間の抜けた音ばかり並んでちっとも抒情的

になれなかった。

 

同棲時代(1).jpg やがて彼も彼女も「浮気」をした。

愛なんてはかないよ、同棲なんてはかないよ、と彼女は溜息混じりにいった。彼と彼女は

いつものように見つめあった。

見つめあっても相手の眼の奥になにがあるのかわからなかった。

だいたい、自分たちがどこにいるのかわからない。

見つめるごとに不安になった。ふたりはそのことに気付いて茫然とし、また見つめあった。

 こんな通俗的なストーリーが東京の西半分には無数にあり、上村一夫はマンガの作品の

ひとつでそれを忠実になぞった。

「同棲時代」という情緒的なマンガが人気を得た。主人公の名を今日子と次郎といった。

その頃、東京には、無数の今日子と次郎がいて、悩んでも仕方のない悩みを抱いて生きて

いたが、そのうちでもっとも思いつめた表情をし、もっとも顔立ちのいい女の子が上村一夫の

今日子だった。

 

同棲時代(2).gif 劇画の枠組みのなかから、今日子はわたしたちをうわ眼づかいに見つめていた。

肌は紙のように白く、唇は鮮やかな血の色だった。その唇を気付かぬほど動かし、かすれた

声で、愛は涙の棲みかです、といった。

青年たちは震え上がった。

そして尻に帆かけてずらかった。

 日本中にいた次郎たちは顔に似合わず図々しかったが、同時に優柔不断と臆病の王者で

もあった。逃げに逃げ、ついに80年代まで逃げた。

だからいつまでも次郎みたいな男はそこら中にいる。一部は山まで逃げた。

ヒゲをはやしパイプをくわえオフロード用のバイクに乗り、ログキャビン風ペンションのオーナ

ーになった。

 今日子はどうなったか。

 

同棲時代(3).jpg今日子はかわったはずだ。あんなふうに思いつめてばかりではとても生き残れない。

いくら見つめても若い男の考えていることなんか読み取れやしない。相手はもともとなんにも

考えていないのだから、そりゃどだい無理だ。

 青春の病気で死んだひとより、生き残ったひとの方が結局はるかに多いのだ。

彼女も生き残っただろう。なかにはオクムラアヤコさんや、イトウモトコさんになったひともいる

だろうが、大部分は読売ランドのマンションのベランダでふとんを叩いたり、西武ライオンズ

のファンクラブに入ったりしているだろう。

しかし、やわらかな暖色でおおわれた生活のどこかに、あの細身のナイフに似た視線を埋め

ている。

いつでも掘り出せるように。

 

同棲時代(4).jpg 上村一夫の彩色の一枚絵は美しかった。それは彼のマンガの最初の一ページだった。

今日子は野原にすわり、タンポポの綿毛を風に飛ばせていた。

わたしは長いあいだその絵を、下宿の壁に押しピンでとめておいた。

 「キューポラのある街」のジュンと「同棲時代」の今日子のいまの姿を、わたしはとても知りた

い。

 

キューポラ.jpg彼女たちがどこで譲り、どこで譲らなかったかを知りたい。時の流れに洗い落された風俗の

下に残った精神と抒情とはなにかを知りたい。

それを上村一夫には描いて欲しかった。

 1986年1月11日、上村一夫は多くの仕事をやり残して亡くなった。44歳だった。

                        関川夏央 「水のように笑う」より抜粋

 今日子と次郎は、私たちの世代の代名詞であろう。

今になって、あの頃を振り返ると、身につまされることが多すぎて、穴があったら入りたくなる

 

同棲時代(5).jpg今日子は今頃、どこで何をしているのだろう。子育ても終わってカルチャースクールにでも

通っているのか。それとも、ライフワークを見つけて、それに熱中しているのか。

それとも、・・・・・・・・・もう、やめよう。

 そんな今日子と次郎のために、ディーピーアイは今日も店をあけている。

                        カズ・オーヒラ

 

ページトップへ
2011.09.14

大好評!! ハリスツィード

 みなさん、こんばんは!! 坂巻です。

 

今日も日中は暑かったですネ。そんなお暑い中、本日もたくさんのお客様に

ご来店いただきました。ありがとうございます。 <(_ _)>

 

 本日のオーダーの内訳はというと、ドーメル、カノニコ、国産厳選服地、etc.その中でも

ダントツだったのが、ハリスツィードのオーダーでした。

 

 

 

そこで本日は、今日仕上がってきたジャケットを紹介致します。

今、ハリスツィードのオーダーをご検討されている皆様、是非ご参考にして下さい。

 

 

カラシハリス①.jpg

   このジャケットは兵庫県にお住まいのK様のジャケットです。\(^o^)/

   このマスタード系の色がとてもキレイで、出来上がる前のイメージよりすごく良くて、

   私達スタッフも良い意味で裏切られました。K様の喜ばれる顔が目に浮かびます。

 

   

カラシハリス衿穴.jpg カラシハリス袖ボタン①.jpg

 

 

 

 

衿穴と袖のボタンホール(1カ所)をさり気なく色を替えています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はもう1着オーダー頂いておりました!!

 

  

 

 

Cグレーハリス衿穴.jpg Cグレーハリス袖ボタン.jpg

チャコールグレイのヘリンボーン柄です。 

 

 

 

こちらも、衿穴と袖ボタンホールの色を変えております。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラシハリスマーク①.jpg Cグレーハリスマーク.jpg 

 

 

 

 

もちろん、ブランドマークは100周年 のタグです。

 

何気なく裏地にもK様の主張が。

 

 

 

 

 

 

 

   K様は、定期的に東京に出張があり、その時にオーダーされていきます。

  聞くところによると、靴もオーダーされているようで、靴にもK様の拘りが垣間見れたひと時

  でした。K様、いつもありがとうございます。ご自宅に到着までもうしばらくお待ちください。 <(_ _)>

 

 

ページトップへ
2011.09.13

ハリスツイード・ジャケット&フランネル・スリーピーススーツ

みなさま今晩は!

スーツファクトリーdpi京橋店のDAIZOです。

 

先日ブログでご紹介させていただきましたM様のジャケットとスリーピーススーツが出来上が

ってまいりましたのでご紹介させていただきます。

 

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

【PART-1】

まずハリスの生地がこちらです。↓

 生地品番 0113-12581051

 グレーのヘリンボンの中に良く見るとブルーのネップが入っています。

 

新しいイメージ ハリス対決 2.JPG

 

 ▼実際にお召しいただいたお姿を撮影しました。

  タータンチェック柄のネクタイが新鮮です。クールビズだったのでお久しぶりって感じですね!

  ジャケットのデザインは3釦段返りスタイル。

  腰ポケットはお約束のパッチ&フラップ型スタイルです。

  アメリカン・トラディショナルNEXTモデル(NT-11モデル)・・・最高にGOODですね (^_^)

  肩の丸みがキレイに出ています。 

  ※モデルの詳細はこちら → http://www.sf-dpi.com/style.html

 

新しいイメージ タブ1.JPG

   袖釦はあえて4コにしまして、肘部分にエルボーパッチが付いております。色は黒て゜す。

新しいイメージ タブ3.JPG

 衿部分にタブが付いております。この1ポイントの部分がクラシックの雰囲気を演出します。

 今回は共生地でタブをお作りいただきました!他にもブラック、ブラウン、アイボリーの3色

 がございます。(エルボーパッチと同じ素材です)

 

新しいイメージ タブ 2.JPG

 

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

【PART-2】

つづきましてフランネルのスリーピーススーツをご紹介いたします。

 

雰囲気がガラッとと変わりましてこちらは長大スーパーテックスさんのライトフランネルでお作

りいただきました。

生地の色はやや明るめのネイビーです。 チョークストライプの色はさらに明るいスカイブルー

です。打ち込みがしっかりした高級服地です。私も作りたかった(+o+) さすがは長大さん

dpiにどんどん生地を紹介して下さい。

 

こちらのスーツは、モード・ブリティッシュモデル(NB-09モデル)

※モデルの詳細はこちら → http://www.sf-dpi.com/style.html

 

新しいイメージ フラノ 1.JPG

 衿のデザインは「ピークラペル」です。

他のモデルより衿の先が鋭くなっているのがおわかりでしょうか?

ウエストの絞りも合わせて全体的にシャープなイメージです。

フロントデザインは3釦中1ツ掛け、腰ポケットはスラント・チェンジポケットです。

 

ベントはサイドヘンツとなっています。 スラックスとのバランスが絶妙です。

 スラックスはノータックの美脚スタイルを選択されましたが、M様の一番の拘りはスラックス

の裾口の巾を18.5cmで仕上げて欲しいということでした。

 

出来上がりのスラックスを履かれて鏡の前で一言、思っていた通りの仕上がりだった!という

お言葉を頂戴しました。

長大の生地だけに頂戴って・・・(*^_^*) 

 

※ ちなみに私のスラックスのスソ口巾は29cmです。M様との差は10.5cmあります。あれ~

 

新しいいめーじ フラノ2.JPG

 

少し高い位置から撮影させていただきました。

衿、肩の部分が綺麗に仕上がっております。

M様!ありがとうございました。また、撮影にご協力いただき感謝申しあげます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

 

次回は「DAIZO ROOM」~60分の57着~ の予定です。

後もう少しでこのシリーズも完結します。

シリーズが始まった時は、気の遠くなるような企画だと思いましたが、ここまで来ました!

あと、もう少しお付き合い下さい(^O^)/

 

※ 次回わたくしが自前スーツを制作するにあたり、候補の生地があります!

  今から20年前の生地です。写真では色が分かりづらいですか色目はサンドベージュの無地

  です。織は最近ではあまり見かけなくなったキャバリーツイルです。

  ギャバジン織に似ていますが手で触った感触はさらにざっくりした堅い感じです。

  本来はスラックス&カントリーコートに使用されていました。

  表示は無いのですが、350gぐらいの目付けだと思います。 

  「ミノバ社」のブランドタグの大きさが時代を感じさせますね。 

 

新しいイメージ ミノバ2.JPG   いや~、わたくしこの業界に入ってほんとぉ~に良かった!と思います。はい。

ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング