SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2012.03.29

スーツ太平記  其の八十六    養蚕最後の砦

 東京都千代田区千代田1番1号。首都、東京のど真ん中に、年間250キロの繭を作る養蚕の

地があると聞いたら、驚かれるだろうか。

ピンと閃いた方もいるかもしれない。ここで蚕を育て、繭を作っているのは、いや、作っておい

でになるのは、皇后陛下美智子様である。

 

皇居と桜.JPGしかも、趣味や儀式のためではない。作られた繭から引かれた生糸は、皇族が外遊されると

きなどに持参する土産物の絹織物となり、また、はるばるシルクロードを渡ってやってきた御

物が眠る奈良、東大寺正倉院に保管された織り物を再現する際にも使われている。

立派な「産業」なのだ。

 

養蚕所で蚕を飼うのは、年に一度。通常は春蚕だが、外遊などが入ると、後にずれ、夏

蚕を飼育することもある。

2007年(平成19年)は、両陛下が5月の末に欧州ご訪問となったため、養蚕は6月から始まっ

た。主任は若い助手とともに、一か月半ほど、御養蚕所の隣にある住居で泊まり込みで作業

にいそしむ。現在の御養蚕所は、1914年(大正3年)に建てられた、群馬独特の養蚕農家の

造りである。

都心にあるとは思えない鬱蒼とした森に囲まれた閑静な地にひっそりとたたずんでいる。

 皇居の養蚕は、「御養蚕始(はじめ)の儀」で始まり、「御養蚕納(おさめ)の儀」で終わる。

「御養蚕納の儀」の際には、御養蚕所での作業の責任者である主任が、「ご奉告」として、

その年の養蚕をふり返り、どんな努力をし、どれだけの繭を作ったのかを巻紙にしたため、

読み上げるという段取りとなっている。

 

紅葉山(2).JPG 現在、日本の養蚕農家は急激に減少している。2006年には、全国で1400軒たらずとな

った。しかも今従事している人たちも、大半は70歳以上の高齢者であり、後継者も見出しに

くい。このまま放置しておくと、10年足らずで、実際に蚕を飼う農家は100軒を割り込むだろ

う。最後に残ったのは、皇居の中だけとなった・・・・・・・そんな空想が現実となりかねないとこ

ろまで追いつめられている。

こうした中、皇居の中で、代々皇后陛下のご担当として、養蚕が位置づけられているのは、

大きな意味を持ちつつあるといって間違いないであろう。

 

 いずれにしても、紅葉山御養蚕所は、偶然にも、本来のシルクロード由来の文物を保存す

る正倉院の御物を、群馬のシルクロードで培った伝統で復元するという、まさにシルクロード

の交点の位置を占めることになったといえよう。

                        佐滝 剛弘 「日本のシルクロード」より抜粋

                      

                                 テス・オーヒラ

ページトップへ
2012.03.28

Yさま、2度目の登場!! BARCLAYSスーツ

 

 みなさん、こんばんは!! 坂巻です。

 

本日の東京は、日中は春の温もりを感じられましたが、だんだんと雲行きが

悪くなり、雨もぱらついていました。春が待ち遠しい今日この頃です。

 

 

さて、本日は今回で2度目のご登場のお洒落なY様をご紹介します。\(^o^)/

 

 

                   前回の英国ジョンフォスターに続き、英国の

                   BARCLAY(バークレイ)社のスリーピーススーツです。

                   今回もかなりキマッてます。(*^_^*)

Yさま①.JPG

 

 

                    素材はウール70%、モヘア30%でモヘア独特の

                     ハリ・コシと上質な光沢が際立っております。

                    こうして、3ピースにすれば少し肌寒い陽気でも

                                        難なく着用できます。Yさま②.JPG

 

 

 

 

 裏地はブルーで。ブランドロゴが映えます!!                   

 

Yさま③.JPG Yさま④.JPG

 

 

   よく見ると、この服地は織柄になっていて、

   華やかなパーティーシーンにもぴったりです。                                

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、私もバークレイのスーツを持っており着用しております。残念ながら、

Y様の服地は早くも品切れとなってしまいましたが、あと5色程お選び

できますので、ご検討のお客様は、京橋店までお問い合わせください。<(_ _)>

 

Y様、この度もありがとうございました。これからも宜しくお願いたします。

また、厳選した掘り出し物服地をご用意しておきます。ご期待下さいネ。

 

そして、ピックアップした翌日にご友人のS様をご紹介いただきまして、

ありがとうございます。重ねて御礼申し上げます。m(__)m

ご友人のS様のスーツもカッコ良く仕上げさせていただきます。

 

 

ページトップへ
2012.03.26

コットンのスーツが人気!!

今年の春は、コットンが場を賑わせているようです。

色々な雑誌を読んでも、街のショップを見て歩いてもコットン素材のスーツ

もしくはセットアップスーツ(※注1)が必ずあります。

 

わたくしも愛読しております「Free&Easy」「Men'sEX」といった2つの趣の異なる

雑誌でもコットンスーツを取り上げております。

 

Free&Easy的なコットン・スーツとは、こんな感じですね。

かなり"ラギッド"です。

  ↓     ↓     ↓

  

コットンスーツ.jpg

 

雑誌で取り上げている、そのせいか?

スーツファクトリーdpiでもコットンジャケット&スラックスが2月~3月までランキング

の上位に入っています。

 

Men'sEX的にはこんな感じです。

   ↓     ↓     ↓

book011-2.JPG

 

あらためてよく見ますと、新鮮に映ります。

 

そこで、コットンのスーツをご検討の方に、事前に以下の点について申しあげておき

たくブログを書きました。

 

1.デザインについて

  上の写真は3ボタンの上2個掛けタイプのジャケットに、股上浅目のノータック

  パンツの組み合わせです。

  スーツファクトリーdpiのモデルからお選びいただく場合は、DA1-06モデルまた

  は、DA2-07モデルがいいかと思います。

  DA2-07モデルは、2ボタン、1ボタンのみですが、シャープなイメージがお好み

  であれば、ぜひお試しください。

 

cotton_jk002.jpg

 

2.サイズについて

  スーツファクトリーdpiのコットン素材は、ツイル素材、ピケ素材、ストレッチ素材

  があります。( ピケ素材、ストレッチ素材については本日は割愛します。 )

  ツイル素材については、チノパンに使われている生地が最も近いですね。

  細かい綾織りで光沢のある素材です。

  出来上がりの状態では少し堅めです。

  慣れるまで少しきつく感じるかもしれません。

  少し大き目にお作りいただくのもよろしいかと思います。

 

3.着用シーズンについて

  当店では「春夏シーズン用」と位置付けておりますが、比較的厚手の生地ですので、

  夏以外の、10月~5月といった長い時期にお召しいただけます。

  夏場は、ジャケットをリーフジャケット(※注2)に変えていただければパンツは一年中

  使える便利なアイテムになります!

 

文中の※注について

注1、セットアップスーツ 同じ生地で作ったスーツをジャケット、パンツ別々に売ってい

   る形態。上下サイズ違いなどで購入も可能。既製品ショップの概念なのでスーツフ

   ァクトリーdpiではあまり使われることは無いですね!

 

注2、リーフジャケット  今年で3シーズン目に入ります「1枚仕立て」のジャケット。

   テーラードの構築方法とは異なり、カットソーに近い作りですので軽く気楽なジャケ

   ットですが、逆にビジネスには不向きです。

   週末などにお召し下さい!

   ▼ リーフジャケット

    lfjk0001.JPG

 

みなさまのご来店をお待ちしております!!

 

ページトップへ
2012.03.24

名門 ミル 『ジョンフォスター』その1

みなさま今晩はDAIZOです。

 

本日はDAIZO 一押しの服地紹介です。21日に早速ご注文が入りました。生地はイギリスの名門ミル、ジョンフォスター社製服地となります。ジョンフォスター社は1819年に創業し、150年以上の歴史を持つイギリス・ウェストヨークシャー州の老舗織物工場です。 服地のコレクションはスーパー100's~120'sに至る高級ウーステッドを得意としておりコレクションは春夏、秋冬すべてのシーズン展開をしていますが特に昔から春夏の商品を得意としており現在にいたっては世界最大のトップモヘヤメーカーとして世界各地から評価されているミル(織物工場)です。今回そのジョンフォスターのモヘア混服地がなんとびっくり価格で登場です (+_+) まずは下記の画像をご覧ください。

 

 

 

P3220064.JPG

  

生地の色はブルー地に白色のピンストライプ。画像で伝わりにくいですがストライプの入り方が

またお洒落 (^v^) 鎖(チェーン)のような柄でオーダー感を打ち出しています。

 服地の混率はウール70%にモヘア30%を含む高品質服地。

 

 

P3220066.JPG

 

ジョンフォスター社の生地マークです。昔と比べるとひと周り小さくなった感じです。最近は何処の

メーカー様も小さくてコンパクト、時代ですかね。 生地在庫は残8着分となります。しかしこの服地

本当にいいですよ、生地の表面を触るとテーラーロッジ社のオイルスパンを想わせる肌触り (゜_゜)

 絶対に買いです!  今回ご注文を頂いたN様、出来上がりをお楽しみにお待ちください。

 

 

P3220067.JPG

 

                 ※ 来週もジョンフォスター服地の紹介です。

 

 

ページトップへ
2012.03.22

スーツ太平記  其の八十五  世界繊維紀行 デニムの聖地福山へ

 エドウィンやリーバイスなど国内外のトップジーンズメーカーをはじめ、世界中のアパレル

メーカーに生地を供給している「カイハラ」。

国内シェアは実に50%、海外輸出量トップというこの巨大デニムメーカーの歴史は、1893

年、広島県福山市の小さな藍染絣の商店から始まった。

 

福山地図.JPG 広島県東部にある福山の街は、人口46万人広島県第2の都市であって、JFEスチール、

青山商事、福山通運は福山から出た有名企業であり、観光名所としては鞆の浦や福山城

が知られている。

 

福山みなと.JPG 「カイハラ」の創業者である貝原助治郎は日本伝統の絣(かすり)の製造技術を習得し、

順調に事業を拡大する。しかし、二つの大戦が勃発した激動の時代を乗り越えたものの、戦

後の需要の落ち込みから事業は縮小を余儀なくされた。そんな中、一念発起して、社員一丸

となり、新たな商品の研究の開発に取り組んだ。

その結果、1956年に生まれたのが、画期的な洋服用の広幅絣だった。コニイ絣と名付けら

れた生地は服飾業界に大きな驚きを与える。

 さらに、1960年には、中近東のイスラム教徒が身につけるサロンという衣料の生産を開

始し、海外でもカイハラの絣は人気を博した。しかし、ここでカイハラに二度目の危機が降り

かかる。1967年、英国ポンドの急落により順調だったサロンの輸出量が激減。

一気に業績が悪化したのだ。だが、これがカイハラの最大の転換点となる。

 絣事業に行き詰っていたカイハラは、取引のあった業者からの提案により、デニム生地の

生産へのシフトを決断する。しかし、当時の日本にはノウハウが無く、とくにデニム特有の色

落ちの元となる糸の芯を染めない染色方法の開発に難航していた。

そんな中、"本場"アメリカでは、糸をロープのように束ねて染めているらしい"という情報が入

ってきた。そこでカイハラは早速、ロープ染色機の開発に乗り出す。そして、7か月の試行錯

誤の末、1970年に国内初のロープ染色機が完成した。

 

ロープ染色機.JPGカイハラがこれを成し遂げた背景には、受け継いできた絣の染めの技術があった。

絣時代に自社開発した液中絞り自動藍染機で使われた技術が、最大限に活かされたのだ。

 こうして日本初の本格的デニム生地生産を可能にしたカイハラには、生地メーカーからの

注文が殺到。1973年にはジーンズのルーツであるリーバイス社にも生地が採用された。

日本のデニム生地生産の先駆けとなったカイハラはその後も挑戦をつづけた。

 

カイハラオリネーム.JPG1978年には"織布"、80年には最終仕上げを行う"整理加工"、91年には"紡績"と事業を

拡大した。その結果、世界でも稀なデニム生地の一貫生産体制が構築されたのだ。

これにより、品質管理や作業の効率化、新たな生地の研究開発がスムーズになり、圧倒的

な高い技術と品質を獲得したカイハラは名実ともに世界有数のデニムメーカーとなった。

 世界情勢による経営の危機に革新的なアイデアで立ち向かい、長年受け継がれた伝統の

技術を活かして成長をつづけたカイハラ。日本の絣がアメリカのデニムと出会い、世界へと

広がるーー。

そこには日本の伝統企業の理想的な姿がある。かの"ハリス・ツィード"のように"カイハラ・

デニム"が世界的ブランドとなる日は近い。

               フリーアンドイーズィ2012年4月号より抜粋ーー

 カイハラのデニムが素晴らしいのは、何よりも経年変化が美しいこと。彼らのデニムの織り

方や染め方には、独自のノウハウがあります。

古い織機で作るセルヴイッチ付きデニムということも、自然に美しく色落ちする理由のひとつ

です。

 

カイハラデニム.JPGカイハラは長い歴史があるため経験が豊富で、デニムを見る目には確かなものがあります。

ヴィンテージのような風合いを持つデニムを作ることに関しては、まさに「マスター」と呼べる

存在でしょう。ハリス・ツィードのジャケットやオールデンの革靴のように、永遠の定番、遺産

として残したいくらいです。カイハラは、まさに本物のデニムと言えるでしょう。

                J・CREW ディレクター  フランク・マイジェン

                                     テス・オーヒラ

ページトップへ
2012.03.21

Yさま登場。NEWスーツで気合い注入!!

 

 みなさん、こんにちは!! ク~ル坂巻です。

 

本日は、NEWスーツで気合い入りまくりのY様をご紹介いたします \(^o^)/

Y様は、私とDAIZOが大変お世話になっている大先輩、T様のご紹介にて

オーダーしていただきました。T様いつもありがとうございます。

 

 

                     NB-09モデル コンケープショルダー

Yさま①.JPG

 

 

 

 

Y様②.JPG Yさま③.JPG

 

 

 

鏡に映った姿も凛々しく、

ポーズもキマってます!!

 

 

 

 

 

 

                           

                             裏地はキュプラで艶やかです。

 

 

 

  

                          気合い入りましたぁ~!!

Yさま④.JPG

 

          Y様、この度はありがとうございました。

          NEWスーツ大変似合っておりました。このスーツで多くの

          商談を成功させていくY様が目に浮かびます。(*^_^*) 

          今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

ページトップへ
2012.03.19

製品の撮影に行って参りました!

2012年3月16日(金) 晴れ

ことろは東京都目黒区三田。

 

JR恵比寿駅西口改札を出て、南恵比寿方面に向かう。

少し坂を登り、あとは道なりに目黒駅方面へと進む。

 

春っぽい日差しが気持ちよかったですね~。

いつも社内でデスクに向って仕事をしているわたくしにとっては開放感に満たされます。

 

恵比寿駅を出てほどなく歩けば、人通りも車の通行量も少なくなって住宅などが並んで

います。いつも見慣れた築地の街とは違います。

おしゃれでのどかな街です。

 

ただいま入院中(?)の地井武男氏に変わり、街を散歩したくなるような雰囲気に包まれ

がらSTUDIOへと向かいました。

 

 

 

「撮影に行って参りました!」と言っても、わたしが撮影したのではなく、いつもプロのカメ

ラマンさんにお願いしています。

 

伊田さん!今回もありがとうございました!!

 

では、わたくしは一体何をしに行ったのか?

 

撮影を手際よく進めるための進行係・・・といったところでしょうか?

下の写真は、撮影する製品を順番通りに並べてハンガーに掛けてスタンバっている状態の

ものです。

 

DSC_0321-2.JPG

 

(偉そうな言い方に見えるかもしれませんが)

一応、わたくしクライアントでございますので、最終的なチェックをしなくてはなりません。

責任がございます。

 

WEBでどのような見せ方をしたいか? 見る人達にどんな提案をしたいか?によって

撮り方も変わってきますので。

そのイメージなどをきちんとお伝えしなくてはなりません。

 

また、何度も何度もやり直しをしているのでは、効率が悪いですしカメラマンさんや周囲

の方々にご迷惑をおかけしてしまいますので、でなるべく一発でキメなくてはいけません。

 

さらに、被写体が洋服ですから余計なシワ、不自然なシワなどに目を光らせてチェックす

ることも大切です。

※決して写真写りを良くみせようとインチキをしているワケではございませんよ(^^ゞ

 

スタッフさん達が、みんなで"シワ"や"よれ"などを直しているところです。 

DSC_0323-2.JPG

 

手前でしゃがんでいる方がカメラマンさんの伊田さんです。

このときわたくしは、その姿を後からスマホで撮影していましたので、実質サボっていた

ことになります(T_T)

 

スーツファクトリーdpiの製品は、黒っぽい色柄から白っぽい色柄まで様々な服地から作

られたものです。

みなさんもケータイやデジカメなどで撮影したときに、意外と難しいのが色の出し方です

よね。

 

(プロを差し置いて)簡単に言ってしまいますと、光の当て方が大切ってことです。

デジカメって、高機能で便利なのですが、高機能ゆえにある意味"おせっかい"な部分

もあります。

白い色の服を撮影すると、画像が暗~くなってしまうのもデジカメさんがお利口過ぎて

「よし!少し暗く写った方がいいな!」と判断してしまうのです。

 

↓ 直接被写体に光を当てるのではなく、スクリーンを透して光を当てるんですね!

DSC_0324.JPG

 

↓ 白い生地で作ったパンツを撮影する場合、周りに黒い板で囲んで暗い画像にならない

  ようにするんです。

  するとデジカメさんは、「よし!黒っぽい被写体だから少し明るめに撮ろう!」ということ

  に気持ちが変わります。

  すると綺麗に白い色がちゃんと写ってくるのです。

 

DSC_0322.JPG

 

なので、撮影する製品の順番は、濃い色~明るい色 といった具合に決めています。

その方が効率がいいですから。

 

最後はパソコンの画面で撮影した画像が見れるのであります!

いまは本当に便利になったものです。

 

DSC_0321-3.JPG 

 

撮影した画像がすぐに見れるなんて、昔では考えられませんでしたワ。

わたくしが20代の頃、カメラマンさんに撮影してもらったものはポジ(フィルム)で受け取り

ますが、そこで初めて「やっちゃった~(@_@)」ってこともありました。(←失敗したという

ことです)

 

ポジ(フィルム)を受け取るまでも長~い時間待たねばなりませんでしたから、ほとんど

もう後の祭りでした・・・。

 

 

 

こうして汗水垂らして(?)出来上がった画像をみなさんにお見せするべく、わたくし達

スーツファクトリーdpiのWEBチームは日夜仕事に励んでおる次第でございます。

 

そして、WEBの製品(画像)を見て、店にご来店下さるお客様が増えると心の底から

嬉しいのであります<(_ _)>

 

この場をお借りしまして、撮影にご協力をいただきました関係者のみなさんにお礼申し

上げます。ありがとうございました。

 

ページトップへ
2012.03.17

O様、出番でございます

 神田南店の中村亮太です。

 

  今日(17日土曜日)は一日中雨でしたね。こんな日も必要なのは分かっていますが、ご来

 

店くださったお客様にはなんとなく恐縮してしまいます。。F様、O様、T様、E様、足もとの悪い

 

中ご来店くださいまして誠にありがとうございました。m(_ _)m

 

 

 

 さて、話は変わりまして、本日は長~く弊店をご利用くださっている日本橋の某企業の代表

 

取締役社長、O様のお顔付きスーツ画像をご覧いただきます。(^▽^)

 

 

 

2012.3 o様-4.jpg

 

 

 白に近いグレーのスリーピースに

 

 サングラス、 "ちょい不良オヤジ"

 

  って感じですね!(ーゝー)

 

 

 

 

 

 

2012.3 o様-3.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.3 o様-1.jpg

 

 こちら約一カ月後・・・

 

 サングラスは一緒ですが髭がありませんね!

 

 スーツの色もダークでキッチリした印象に

 

 (^ー^)

 

 

 

 

 

 

 

2012.3 o様-2.jpg

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  いやーいいですね~!

 

 ライトグレーとネイビーのフランネルのチョークストライプ、最初にグレーをお作りいただき、

 

見栄えと質感が気に入られ納品時に色違いをご注文くださいました。O様、いつもどうもあり

 

がとうございます。ちなみに、某ブログ(これは紹介して良いかお伺いしていないので掲載は

 

控えますが、凄く話題が幅広くて内容が濃いんです。私のと違って)によると、本日成田より

 

日本を飛び立って某国でビジネスゴルフのご予定とか!?どうぞお気をつけて行ってら

 

っしゃいませ!

 

 

※生地は滑らかな質感と軽い着心地、発色の良さでdpiでも大人気の服地メーカー『カノニ

 

コ』です。いずれも2011年12月と2012年1月のご納品時に撮影させていただいたもの

 

で、現在では両方とも品切れになっています。

 

 

 

 

 

 ところで最後に今日のこの降り止まぬ雨。超が付く筆不精の私が二週続けて、しかも普通に仕事と

 

関係のあるブログをアップしたことでこのような悪天候を招いてしまったのだとしたら、卒業式等で晴

 

れか曇りを期待していた方々、大変申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。私は私

 

でブログを書いていたら大幅な(サービス)残業となってしまいましたので、それに免じてお許しくださ

 

いますようお願いします。それでは!

 

 

ページトップへ
2012.03.16

名門マーチャント『BARCLAYS』その2

みなさま今晩は!

スーツファクトリーdpi京橋店のDAIZOです!

 

本日は前回に引き続き英国「バークレイ」の服地をご紹介させていただきます。

まずは個性の強いチョーク・ストライプ柄です。

どうですか?下の画像をご覧になって!!

迫力ありますね~(+o+)

 

生地の色は黒地にこげ茶を少しミックスした渋めの服地です。

素材はウール70% キッドモヘア30%の高級素材です。

キッドモヘアとは、その名の通りアンゴラ山羊の中でも仔山羊の毛を採取して服地に

したものです。

 

生後3か月以内といいますから、本当に採取できる量も少なく、そして何しろ柔らかく

光沢も美しいため、大人山羊のモヘアより高級なのです(^^)v

 

さわり心地もシャリ感があって気持ちいいですよ。

 

 

P3070024.JPG

 

       3月15日現在庫、残り2着分となります。みなさまお早めの購入をお薦めします。

 

 

P3070026.JPG

 

                  下の写真はバークレイのブランド・タグです。

前回もご紹介しましたが、エンブレムのような紋様が格調高い英国らしさを醸し出して

いますね! 

 

P3070035.JPG

  

 さて!

もうひとつの生地は細かな格子柄です。最近のスーツ地にしては珍しく存在感あり!

オーダー感覚が強く個性を引き出す一品です (`´) 私もこの服地が大好きです。

 

 

 

P3130045.JPG

こちらの服地も、さきほどと同様、キッドモヘアがブレンドされた高級服地です。

撮影の腕が悪く、少々画像がボケてしまいせっかくの高級感がお伝えできずすみません!

 

             3月15日現在庫、残り3着分となります。絶対にお得です!

 

P3130048.JPG

 

以上、2週にわたってお伝えいたしました。

スーツファクトリーdpi京橋店のDAIZOこと、菱田大蔵がご来店をお待ちしております!!

 

すこしだけ暖かくなりましたね~♪ 

 

ページトップへ
2012.03.15

スーツ太平記  其の八十四  日本洋装外史 福澤の西郷擁護論

 明治十年は西南戦争の起こった年である。この時両軍ともに、西洋式軍服を採用した。

もっとも薩摩では早くから西洋軍服に親しんでいた。明治新政府軍では急に、大量の軍服を

注文したので間に合わなかった部分が出た。例えばボタンを付ける暇がなく、着用者が自分

で付けたという。

 

西南の役.JPG ここに登場するのが、豊島弥五郎という舶来師(洋服職人)。八戸藩のお抱え裁縫師であっ

た。八戸藩と島津藩は縁戚関係にあったので、時には薩摩屋敷へも出入りする許しが出て

いた。ある時、その島津邸から急用の使いが来た。洋服の修理ができる者がいないか、とい

うのである。そこで、たまたま豊島弥五郎が行くことになった。行くと、台所で飯を食っている

大男がいる。見ると軍服のボタンが取れている。その大男は軍服を着たまま、ボタンを付けさ

せた。カギ裂きの修理までしたという。

弥五郎は、あまりの威圧感に「お名前は?」と伺うと、「西郷吉之助でごわす」と答える。

弥五郎は西郷どんのボタン付けをしたのである。弥五郎が屋敷を出てしばらくしてから、薩摩

屋敷に火が放たれた。豊島弥五郎は危ういところで命びろいしたことになる。

それはともかく西郷吉之助の軍服の着こなしにも、やはり見事な印象が感じられたのだろう。

 

薩摩軍服.JPG 明治維新の際のもうひとつの問題に、服装があった。一言でいって、日本服にするのか西

洋服にするのか。この服装会議の開かれたのが、明治4年初夏のことで、西郷が洋服論に

賛成したので、そのように決定したのだ。これはすでに詳しく触れた通りである。(スーツ太平

記其の九参照)

もし、この時西郷がいなければ、洋服採用はもっと遅れていただろう。その意味では、西郷吉

之助は日本を洋服国にした立役者なのである。

 

太政官.JPG 明治十年、西南戦争が始まった時、中央の知識人で西郷を弁護する者はひとりもいなかっ

た。それはそうであろう、西郷を弁護することは、明治新政府を批判することになるのだから

。しかしこの時、たった一人だけ西郷吉之助に好意を持った人物がいる。

福澤諭吉である。諭吉と吉之助は一度も会ったこともなく、当然つきあいもなかった。

が、諭吉は明治十年に「丁丑公論」を書いて、徹頭徹尾、西郷を弁護しているのだ。

 

丁丑公論.JPG ≪しからばすなわち政府はただ彼れを死地に陥れたるのみにあらず、またしたがってこれ

を殺したる者というべし。西郷は天下の人物なり。日本狭しといえども、国法厳なりといえど

も、あに一人を容るるに余地なからんや≫

                               福澤諭吉「丁丑公論」より抜粋

 これはほぼ結びの言葉である。ただし、明治十年に「丁丑公論」は出版されることがなかっ

た。あまりに過激すぎたのだろう。二十四年後の明治三十四年になってやっと刊行されるこ

とになった。福澤諭吉の西郷弁護論は、二十四年も先を行くものだったのである。

 

西郷星.JPG 福澤諭吉はすでに詳述したように、日本にはじめて正しい洋服知識を紹介した人物である

。その初の洋服知識紹介者である諭吉が、日本を洋服国に変えた人物である吉之助を援

護したのは、なんと奇しき縁(えにし)だろうか。

                         出石尚三 「福澤諭吉背広のすすめ」より抜粋

 諭吉は、主義主張は違うにせよ、西郷を尊敬していたのだろう。 腐敗堕落した明治新政府

の大官や官僚たちの姿勢を正せるのは、多分西郷をおいて他にいなかっただろうし、明治天

皇に始まって、一般国民大衆までもが西郷を絶対的に好きだったのである。

                               テス・オーヒラ

 

ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング