SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2013.11.26

ツイードジャケットのVゾーン

素朴なツイード生地で作ったジャケットを、今年の冬1番のヘビーローテーション

にする計画でしょう。

同じジャケットを毎日のように着るのは抵抗があるのですが、それでもコーディネ

イトに変化をつければ大丈夫です。

 

毎日違うスタイルに見えますから不思議なものです。

そこで、dpiとしてはお得意の雑誌パクリでご紹介したいと思います。

 ※セコい話ですが、予算の関係でいつもすみません(^^ゞ

 

ツイードはご存知のとおり、冬場の衣類とはいえかなり厚い生地ですし、表情も

かなりワイルドです。

したがって、インナーに上品なものを合わせますと結構チグハグになってしまいま

すのでボリューム感を出すのがポイントとなります。

 

シャツの上にツイードジャケットというよりも、シャツの上にベストとかセーターを

カマせるとバランスが良くなります。

 

magazine065-1.jpg

 

また、カラーですが上の写真のように派手な色を合わせるのもいいですが

仕事で着るには抵抗があります。

したがってシャツの色は白とかブルー系の色でいいかと思います。

素材は、オックスフォードとかダンガリーといった少し粗い感じの素材がいい

ですね!

magazine065-2.jpg

 

また、ネクタイも出来ればニットタイがいいと思います。

立体感があり、ツイードに負けないくらいの存在感で全体にまとまりが出ます。

上品なシルクのネクタイではアンバランスになってしまいます。

 

magazine066-1.jpg

 

カジュアルであればタートルを持ってきたりスカーフなどを首に巻くなど胸元に

ボリュームを出せます。

 

magazine066-2.jpg

 

こちらの写真は、有名な「F&E」誌に掲載されていたコーディネイト例なので

基本はトラッドです。

結局、長く着られる定番の上質な品物を持つことによって毎年コーディネトの

幅が広がっていくのですね!

 

参考になれば幸いです!

ページトップへ
2013.11.22

湘南国際マラソン2013  "仮装ラン"結果報告

 

 皆様こんにちは。神田の健康優良オヤジ、中村亮太(47)です。

 

 晩秋というか、すっかり冬ですね。街中でもツイードジャケットを着る方、コートを着る方がだいぶ

 

 増えてきたように感じます。かくいう私も一度コートを着て通勤してしまったらもう脱げなくなって

 

 しまいました。例年なら少なくとも11月中はスーツまたはスリーピースで過ごすのですが。。。

 

 その急激な気温の変化とともにおかげさまでお店の方も忙しくなり、スタッフ一同嬉しい悲鳴をあ

 

 げていますが、それに甘えて(苦手な)ブログをおろそかにしてしまい、11/3に行われた『湘南

 

 国際マラソン2013』の結果報告がまだでした・・・。せっかくここまで頑張った(過去のブログをご

 

 参照下さい)ので、すみませんが最後までお付き合いくださいネ。(^▽^)

 

 

 

 マラソン前日の11/2(土)は勝手にNO残業デーを掲げ、定刻の20:00を回った瞬間に閉店、

 シャッターをガーッと下ろし帰宅させていただきました。。

 そして、当日。。。  

    湘南国際マラソン1.JPG 

   

     湘南国際マラソン2.JPG

  メイクは現場で。仮装して走る方も少なからずいましたが、メイクまでしている人は見当たりま

  せんでした。 いい歳して・・・ という感じですが、このような状態になるともうお面をかぶ

  っているも同然で、もはや誰だかわかりません。たとえ周りの方々にジロジロ見られようとも

  私自身はちっとも恥ずかしくない。むしろメイクを施している連れの方が恥ずかしかったようで、

  次はメイクや着せつけの必要がない簡単な仮装にして勝手に行って欲しいと言われてしまい

  ました・・・。

  

  

  ところで、仮装して走るとたくさんの応援をいただくことができます。今回も走行中たくさんの方

  に声を掛けられたりハイタッチしたりして、タイムこそ4時間44分ほどかかりましたが42.195km

  はあっという間だったような気がします。

  この風貌(メイク)で手には斧、沿道にいた小さなお子さんには時々怖がられて逃げ出されしま

  したがそれも一興、ふだんそんなことをしたらたちまち通報というかお縄でしょうが、ここでは無

  問題。次第に調子に乗った私は

  「怖くないよ~~」

  と言いながらわざわざ子どもたちのところに驚かしに行く始末で、ローンレンジャーのトントと

  いうキャラクターであることを忘れ、単なる不気味なオッサンを楽しんでいました。。 

  

   湘南国際マラソン3.JPG

   上半身 

   湘南国際マラソン4.JPG

   下半身

    湘南国際マラソン5.JPG 

   顔

 

  上から下まで手作り感満載。走行による振動で胸飾りは壊れるターバンは外れるで、終盤は

  原形を留めていませんでしたが、ゴール後は神奈川のケーブルテレビのマラソン番組にインタ

  ビューされたりもして、ちょっといい気分で今回の仮装プロジェクトは幕を閉じました。

  次はなんとか仮装に『スーツファクトリーdpi』のPRを織り混ぜたいと目論んでいますので、何

  か良いアイデアがありましたら 神田南店 中村亮太 までご連絡ください。(笑)

  それではまた!

   

  

  

 

ページトップへ
2013.11.21

発見! 勇気あるコーディネイト

仕事上、ファッション雑誌をパラパラめくる機会が多いのですが、これが社内的

に見て「遊んでいる」という評価を受けることも・・・。

心外ですが、ユーザー様に様々な角度から情報を提供するのも仕事のウチです。

 

能書きはいいとして

秋口に発売されました「フリー&イージー」誌のあるページで発見した下の画像

のコーディネイト

まだ残暑の時期でしたので読み飛ばしていましたが、いままさにシーズン。

 

というのも、ジャケットのしたにきているベストはツイード素材です。

ハリスツイードらしいです。

 

 

magazine064.jpg

 

かなり・・・のコーディネトではありますが、ストライプのジャケット、ハリスの

ベスト・・・な~んだ、スーツファクトリーdpiでも扱っているではないか!

 

いま、時期的にツイード素材やメルトンなど、防寒性にすぐれた素材を中心に

売れていますが、ここは大人らしく冷静になると、やはり捨てがたいコットンの

魅力というワケで、あえて今!この時期に、ストライプ柄のジャケットを推奨し

ます。

販売時期が春~初夏でしたので、冬シーズンには不向きと思いましたが、

なんの!なんの!

裏地を総裏にして、写真のようにレイヤード(重ね着)でコーディネイトして、

アウターをしっかりと着込めばいいのだ!というコトに気が付きます。

 

なんだかんだ言って、現代の屋内は冷暖房が完璧ですから。

※ここだけの話ですが、私たちdpiの本部は真冬は仕事中にダウンを着込ん

 で手袋をして仕事をしています。

 ドアを開けっ放しで外出する連中と同居していますんで・・・(T_T)

 

 

dpi_009-2.jpg

 

あえてビジュアルから入っていただこうと・・・。

エンブレム&メタルボタン、合わせてどうぞ!


▼オンラインショップはこちら!

http://item.rakuten.co.jp/dpi/10002478/

ページトップへ
2013.11.19

GOODな、革の財布が欲しい!と思う2013年の初冬です。

名乗らずとも、誰が執筆したブログかおわかりのハズ・・・。

孤独なブロガー●●です。

 

今年もたくさんのお客様に、ハリスツイードジャケットをお買上いただいています。

いまごろdpiのハリスツイードを通勤などで着用し始めて下さってると思います。

どんどん着て、いい味わいが出てくるまで数年かけてじっくりと育てて下さい。

 

さて、ブログのネタにつまる月の半ば。

ちょうど手元に、先週末に購入した雑誌「Bigin」がありましたので、ネタを探した

いと思います。

 

magazine063.jpg

 

とくに注目したアイテムはウオーレットでした。

 

注目というよりは、今購入を検討しているアイテムが財布なのです。

 

財布、やはり革製品に行き着きます。

ナイロン製とか、材質は色々ありますが、革ですね~♪

 

服同様に、エイジング(経年変化)でいわゆる"味わい"が出てきます。

使った人の手によるものなので、同じものは2つとなく「自分だけのもの」という

感じが堪らないのですね。

そういう意味では、「革」はいいです。育て甲斐があります。

 

ただ、革製品も色々あって革の質や縫製によっては買って損した!ということ

もあります。(経験済み)

その点、老舗ブランドは一定以上の信頼がおけます。

(昨今、あの企業が!という不祥事もありますが・・・。)

 

今回の雑誌「Bigin」にはWHC(ホワイトハウスコックス)の革製品が数多く掲

載されています。

有名な英国の老舗ブランドです。

さすが英国発★正統派のデザインと機能ですね。

 

ホワイトハウスコックスのホームページです。

http://www.griffin.cx/whitehouse-cox/

 

わたくしは個人的には、イタリアの「アンリ・クイール」ブランドが好きでござい

まして、わたしのキャラに似合わないかわいらしさが製品から滲み出ていま

す。51歳のオッサンには不釣合いですが・・・。

 

アンリ・クイールのホームページです。

http://www.henrycuir.jp/

 

いま私が使っている革の財布。

6年前にアメ横で、5,000円ほどで購入したのですが、やはりエイジングで味

が出てきています。

ただ、いい意味での味ではなく下町のつぶれかかったラーメン屋のような味

とでもいいましょうか・・・。

やはり安物は所詮それなりです。

 

早く大人になりたい!

ページトップへ
2013.11.14

酉の市って知ってますか?

WEBチームの蓮見です。

今日はスーツの話題から少し離れて、年末が近づく気配を感じながら

秋の夜長を過ごすのも悪くないかな?と思います。

 

デスクワークが多いので、卓上カレンダーをしょっちゅう眺めながら仕事をしています。

ご注文のスーツが仕上がってくる日

検品して出荷する日

お客様のお手元に届く日を確認するためです。

 

ですから、今年もあと6週間と少々とか、意識してしまうのです。

それと、デスクの上に飾ってあるもので酉の市で購入した【熊手】があります。

 

酉の市(とりのいち)とは、毎年11月の酉の日に東京浅草の鷲神社で行われるお祭り

でして、商売繁盛を願う行事です。

なぜ【熊手】が酉の市で売られているかと申しますと、"熊手で運をかっ込む"という

意味がこめられているからなのです。

 

ですから商売をしている私にとりましても縁起物というワケなのです。

家からも近いですし(^o^)

 

11月の酉の日とは、十二支の干支ですが、当然12日置きにやってくるものでして年に

よっては2回、3回の年もあります。

ですから「今年は3の酉まであるよ!」などという会話が飛び交うのです。

ちなみに、今年は3の酉まであります。

11月3日(日)、15日(金)、27日(水)

 

※明日11月15日(金)は、二の酉 の日です。

 

ところで、3の酉まである年は火事が多いという言い伝え(統計?)があるそうです。

ですが、酉の市が始まった江戸時代、中でも大火に見舞われた、あの"暴れん坊将軍"

でおなじみの八代将軍吉宗の時代に、町火消しが起こったのは有名な話です。

このあたり、松平健さんと北島三郎さんが詳しいのではないでしょうか?

現代と違って当時は全て家屋は木造ですから、場合によっては火事が多いというのも

うなずけます。

 

さらに、あの鬼平犯科帳の長谷川平蔵さんのお役目も"火盗改め"というもので、そんな

役目が有名なのも、当時お上を悩ませるほど放火による火災も多かったというコトです。

 

 

私も縁起熊手を片手に商売繁盛ばかりを考えず、火事も含めて危機管理をしっかりと

しなくては!と思う今日このごろです。

ノドが少し痛む日は、乾燥している日ですから、火事にご用心・・・というワケです。

 

笑顔を年末年始を迎えるためにも、お互いに気をつけましょう!

 

ページトップへ
2013.11.13

寒くなってきました・・・。

みなさん、風邪など召してはおりませんか?

忙しいなか、体調管理は難しいものです。

 

少し油断しただけで、朝の通勤電車の中で他人から風邪をもらってしまったり、

朝コートを羽織って出たものの、電車の中の温度が上昇しており、汗をかいてし

まい、その汗が再び外気で冷やされるなど風邪の原因はそこらじゅうにあります。

 

さて、寒さ対策の一環としてスーツファクトリーdpiではベストをオススメしております。

 

顧客様ならご存知かと思いますが、京橋店の坂巻は夏でもベストを着て接客してい

ますように、ベストは防寒のためだけではなく、オシャレのためにもぜひご着用を推

奨するワケです。

※一説には、京橋店の夏は除湿をかけすぎで寒すぎるというお声も・・・。

 

▼楽天のページでもおなじみの坂巻ベスト画像です。

 京橋店の裏手にある画廊?の前で撮影したのは今から3年ほど前です。

 あれから3歳年をとったワケですが、坂巻はあまり変わっていません。

 (ここだけの話ですが、少し太ったようです。)

vest_ts1201.jpg

 

写真の坂巻のようにスーツと同じ生地でベストを作る場合、一般的にはスリーピース

スーツと呼んでいます。

が、スーツとは異なる生地でベストを作る場合は、オッドベストと言います。

「オッド」とは、半端な、という意味があるようですが、決して半端な気持ちでオススメ

するものではございません。

 

ベストとは英語ですが、本国の英国では「ウエストコート」と呼んでいます。

イタリアでは「ジレ」 、日本では「チョッキ」

 

日本呼称の「チョッキ」は、イタリア語のジャケット(ジャッカ)が訛ったという説もある

ようですが定かではありません。

 

dpiのベストは、当然ながらテーラード

スーツに合わせてエレガントに着こなしてきただきたい一品です。

デザインも様々

衿を付けたりつけなかったり、通常裏地使いの背中の部分を表生地で作る、胸ポケ

ットをつけてみたり、腰ポケットに上着と同じようにフラップをつけたり、色々といじれ

る点では、オリジナルの1着が出来ること間違いございません!

 

1013dpi_ 032122.jpg

 

これがまた結構重宝します。

冬でもちょっとタバコを買いに・・・。コーヒーを買いに・・・。

ベスト1枚着ているだけでも暖かです。

 

ビジネスマンというもの、ニットのカーディガンやベストより、スーツ服地のテーラー

ドのベストがBESTなのでは?

 

いつも最後がお粗末です。

 

ページトップへ
2013.11.09

ダブルのブレザーもたまにはいいか。

ブレザーは、当店でも「とっても便利なジャケット」として謳っています。

合わせるパンツも幅広く、極論を言えば毎日着ても違和感がないからです。

ズボラな私にピッタリ?

 

毎日着るとか低次元なことではなく、本当にコーディネイトの幅が広いジャケ

ットでして、その点でブレザーの右に出るモノはありません。

 

着方によってはカジュアルからフォーマルまで、様々な顔を持つ。

それがブレザーの最大の魅力です。

 

さて、昨今ブレザーといいますと巷ではシングルの3ボタンが多いのですが、

ダブルのブレザーが新鮮に映るので、久しぶりに1着つくろうかな?という方に

オススメです。

 

blazer_6x2AB-70.jpg

 

上の写真は、当店のAB-70モデルで作った、6ツボタンの2ツ掛けタイプの

ブレザー。

そのルーツは軍服からという説が有名です。

別名「リーファージャケット」と呼ばれ、ヨーロッパの騎兵が着用して風が入

らないように合わせを深くしたため、ボタンを横に2箇所留めにする必要が

あったらしいのです。

 

またイギリス海軍の制服などにも採用されたデザインとしても伝統ある形

なのです。

もっとも時代とともにマイナーチェンジを繰り返すのが衣類の歴史です。

 

今、このような形になってはいますが、昔は軍事に必要な機能的なディテ

ールがあったと思います。

 

まぁ、昔の話はこれくらいにして

シングルのブレザーは、前ボタンを外してもあまり問題ないのですが、ダブ

ルのブレザー(スーツの上着も)では、前ボタンを外しますと歩くときなどに

前がブラブラしてしまうので、しっかりとボタンで留めなくてはサマになりま

せん。

少々窮屈な感じもしますが、気を引き締めるためにもダブルを着る!

なんかシャキっとした気分になりますよ(^o^)/

 

 

 

ページトップへ
2013.11.08

スーツ太平記  其の百三十   洋服記念日

 また今年も「洋服記念日」がやってきた。毎年11月12日は、知らない方も多いと思うが、「洋服記念

日」なのである。詳しくはスーツ太平記の(9)および(67)で解説しているので興味のある方は参照され

たい。

 明治5年の11月12日、太政官布告339号が布告され、我が国の官(公)の服装が、洋式に変わった

のである。

でも、すんなり決まった訳ではない。明治4年の7月末での宮中会議は、服装の件で紛糾した。

このとき、ほとんど終わり近くに参議副島種臣が発言する。

「むかし、趙の武霊王は、胡の国を征服するのに、胡の服を用いたと承る。この趙の例にならって、やが

ては世界に皇国の実力を用いんがために、この際は、世界的な服装を用いんとするのである。」

 つまり、保守派の人々は、洋服を採用するのは西洋に従い、屈することだと考えた。

ところが、副島種臣は、中国の故事を引いて、西洋を制するために洋服が必要なのだ、と説いたのであ

る。

 

副島種臣.jpg この副島発言のあと、それまで腕組みをし、眼を閉じ、一言も発しなかった参議西郷隆盛が、一言こう

言ったのである。

「おいどんは、副島さんと同意見でごわす」・・・・・これで会議の空気が一変した。

明治5年には、西郷は実力者中の実力者であり、誰も正面きって反対はできなかったのだ。その意味

では、明治5年に日本服が西洋服に変わったのは、西郷のおかげなのである。

                      出石尚三著 「福沢諭吉 背広のすすめ」 より抜粋

 

西郷隆盛.jpg 日本人が本当に洋服のみを着るようになったのは、それから80年もあとの事であり、戦後になって

、ほぼ洋服のみになったと言える。それまでは公的な時は洋服、家でくつろぐ時は和服というように、

使いわけていたのである。日本という国の気候に和服はあっていたのであろう。

素材の進歩とその機能性によって、洋服オンリーの現在に至っているが、和服の衰退については、ま

だ研究の余地があるところだ。

                                  テス・オーヒラ

ページトップへ
2013.11.01

やはり"フランネル"ですか・・・。

11月という響きが、もはや秋から初冬に入るというイメージ。

そして、世の中クリスマスソング。

 

まだ日本シリーズの最中ですが、ナイトゲームは寒そうな感じですがいまや仙台を

中心に熱気で溢れかえっているでしょう。

 

そして、スーツファクトリーdpiの推奨はフランネルスーツ。

当店のバイブル的存在の「フリー&イージー」誌でも以下のように推奨しています。

 

理由は、丈夫でタフで味わいがあるから・・・とのこと。

同時にコーデュロイも推奨していますが、今日はフランネルスーツに焦点を当てて

みました。

 

 

magazine062.jpg

 

とりわけ、チャコールグレー~ミディアムグレーのフランネルはアイビーの必需品

とまで言われ、大人になって社会人となった元アイビーリーガー達もフランネルの

スーツが手放せないらしいですね。

 

6mmのミシンステッチが入ったスーツが今でもニューヨークで活躍しているのも

ストライクゾーンのさらにド真ん中であるというワケです。

 

一生の付き合いということになりそうな1着をぜひスーツファクトリーdpiでお試し

ください!

奥さんと同じくらい、フランネルのスーツを愛してみてもいいのでは?

 

flannel_nt11.jpg

 

あえてオススメさせていただくと、スペアパンツをお付けいただきたいと思います。

ツイードジャケットのコーディネイトにも、色々と使えます!

 

▼楽天のページはこちら!

http://item.rakuten.co.jp/dpi/c/0000000828/

ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング