SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2014.08.30

今回はカノニコのご紹介です! (^<


 神田南店の中村です。 

 今回はカノニコのご紹介です。


 今シーズンの秋冬は艶やかな光沢とソフトな風合いを併せ持った"エレガント"なタイプと、反対

 にしっかりと目付の入った重量感のある素材、フラノやサキソニーのような冬を演出するのに相応

 しい起毛素材といった"クラシカル"なタイプの両方が、バランスよく品揃えされています。

 前回ご紹介させていただいたドーメルのiconikや、WEBで早い内に掲載を始めましたREDAの

 シルキーエフェクトは前者で、こちらは地域によっては早い内、もうそろそろご着用いただけるか

 もしれません。 ※REDA(伊) ⇒ http://item.rakuten.co.jp/dpi/c/0000000780/

 そして、今回ご紹介するカノニコはスーツファクトリーdpiでは昔から

 「コスパがいい!」(コストパフォーマンスが高い)

 とお客様から人気があるため、他のブランドより少し多目に品揃えしています。 

 今シーズンのコレクションには、前述した光沢感があってソフトな風合いのエレガントタッチなも

 のと、目付327g/m超の重厚なクラシックタイプの二通りが万遍なく用意されているため、お選び

 になるる際は目移りにご注意下さいね。(^▽^)


 canonico3.jpg     canonico2.jpg 
                      ※バンチブックにつきましては店舗にてご覧下さい

canonico1.jpg  canonico4.jpg
                                ↑コートにしてもイイかもしれません!



 カノニコ(伊)について

 正式な名称はVITALE BARBERIS CANONICO (ヴィタルバルベリスカノニコ)で、毛織物の本場

 イタリア北部ビエラ地方にて1936年に創業した高級服地メーカーです。良質な羊毛をオーストラ

 リアから直接輸入し、紡績、機織、染色等の生産工程をすべて自社工場で行っています。

 1日に4反を織るエアジェットという織機を何十台も所有し、世界40か国に生地を輸出しています。

 高い品質の割には比較的価格は手頃で、コストパフォーマンスに優れています。

 スーツファクトリーdpiでは様々なオプションを付けて¥69,000(税込¥74,520)からご

 用意をしており、 「イタリアらしい色気のあるスーツやジャケットが欲しい」

 というちょい〇〇なお客様のご要望にお応えしています。神田南店ではスーツでは最もリピート

 されるお客様が多いブランドです。

      裏地、ステッチ.jpg   canonicoフラノ.jpg 

 


 
 さて、もうすぐ9月。2014年の夏も終わろうとしていますが、名残を惜しみつつ

 埼玉県所沢市の西武遊園地の近くにある中華レストランに行ったとき撮影した花火の写真

 で締めさせていただきます。ドンドーン、トーン
 
花火1.jpg花火2.jpg
    
                   花火3.jpg

                              



ページトップへ
2014.08.29

修行第十三歩:リクルート・スーツ(9)姿勢編

dpiブログをご覧の皆さまこんにちは、内田です!
先日のお休み、卒業以来五ヶ月ぶりに大学恩師と友人に会ってまいりました。
師匠とは舞台鑑賞をご一緒させて頂いたのですが、以前こちらの記事でも触れました通りやはりスーツ・・・しかも三つ揃えで劇場にいらっしゃいました^^

作品は1992年日本初演の海外製ミュージカルで、私自身鑑賞するのはかれこれ五回目となりました。
よく「同じ作品を何回も観て飽きないの?」と言われるのですが、「舞台は『ナマモノ』」とも申します。
演者側もそうですが、受け取り手である観客もまた、回を重ねるごとに変化していくのではないでしょうか。
この作品初見時は高校生だったのですが、成人した今観るとやはり感じ方も捉え方も変わっていました。
そんな訳で私、今後も劇場へ足繁く通いたいと思っております・・・!!


さて、本日取り上げますのもリクルート・スーツでございます。
しかしながら今回は、スーツそのものからは少々外れた話題になります・・・。

皆様、ご自分の姿勢・・・立ち姿を意識されたことはありますでしょうか?

と言いますのも、私かつて演劇部だったのですが、その際度々「猫背」を指摘されておりまして。
一般的には、頭をぶつけないように屈む機会の多い長身の方が猫背になりやすいそうですが、私の場合は至って平均的な身長ですので原因は別にあるとにらんでおります。
また、最近の方ですと歩きながらスマホを見る方も多いですし、気付かないうちに姿勢が変わっている方も多いのではないでしょうか・・・。

姿勢を良くする為のアドバイスとして「背筋を伸ばすこと」を言われた方も多いのではないでしょうか。
しかしこの「背筋を伸ばす」。意識し、実践してみても継続することが困難だったように思います。
同じ経験をした方もいらっしゃるだろう・・・そう考え、受け売りではございますがアドバイスをお一つ。

「背筋を伸ばすことより、『視線を上げ、真っ直ぐ前を見ること』を意識した方がずっと姿勢は良くなる」

学生時代、ある授業の講師として来て下さった能楽師の方から伺ったお話です。

「最近は足元を見て歩いている人が本当に多い。前を向いて歩いている人って意外にいないんだよ」

もちろん足元への注意を怠ってはならないかとは思います。が、「前を向く」ことによって姿勢を変えるという発想がたいへん新鮮に感じられ、今でも忘れられません。
何より私の場合、「背筋を伸ばそう」と意識するより「前を見よう」と意識する方がスムーズに出来ました。
姿勢を注意された経験のある方、もしよろしければ一度お試し下さいませ^^

服装や持ち物を整えるように、言葉遣いや姿勢もまた意識を配って整えることも必要かと思います。
ページトップへ
2014.08.28

京橋店。ハリスツィード第一号!!


 みなさん、こんにちは!!  京橋店の坂巻です。

今週の東京は、天候は良くありませんが、とても過ごしやすい陽気で
お洒落を楽しむ秋を感じられる今日この頃です。

本日は、そんな秋を通り越していち早く冬物をゲットしたお客様を
ご紹介いたします。(^O^)/

いつもご利用いただいているY様です。



P8220002 (538x800).jpgP8220001 (319x800).jpg



今回のオーダーは言わずと知れた冬の王者ハリスツィードです。dpiでも大人気商品です。

生地だけでは出来上がりのイメージが湧かないお客様もいらっしゃると思いますので、これから出来る限りお客様にご協力いただいて、当ブログにアップしていきたいと思います。









                       後ろ姿です。
                       柄の揃い方も綺麗です。
P8220005 (800x672).jpg
P8220007 (592x800).jpgP8220006 (544x800).jpg



















P8220009 (800x782).jpg
              
              Y様、毎度ありがとうございます。Y様にはもう1着ジャケットをオーダー
              頂いております。(^O^)/次回は別のジャケットをご紹介いたします。
              ハリスツィードではありませんが、イタリアンな仕上げにてお仕立て
              いたしました。乞うご期待です。  


楽天SHOPにて生地写真をご覧頂けます。(^o^)

PARTⅠ

PARTⅡ



ページトップへ
2014.08.27

ポーラ服地で久々のスーツ オーダー

みなさまコンニチワDAIZOです。





本日は今年の夏に作ったスーツの紹介です。以前ブロクの中でも紹介しましたが夏場にもっとも適しているポーラ服地 (蚊帳織)ジメとした気候に優れドライタッチと呼ばれるサラッとした肌触りが最高(^O^) 最近太ったせいでやたらに汗をかきスーツが悲鳴を上げるこんなケースは増えているのではないでしょうか。 日本の夏素材というとまずモヘアもしくは麻素材と言う言葉が頭に浮かびます。少し前までは蚊帳織のポーラ服地は有名だったのにね (+_+) しかし最近では呼び名は違いますが
この手の織が少しずつ人気を高めてきているようです。今後が楽しみです。





019 (308x800) (308x800).jpg
022 (600x800).jpg
029 (800x600) (2).jpg
裏地はキュプラ混のマンダリンオレンジの無地をチョイスしてみました。夏物スーツということもあり裏地は派手目にしてみました。



ネクタイはハケット物でさすがに
しめやすいです。 ネクタイピンはお客様、A様からのプレゼント。
お気に入りの一品 (^O^)



023 (534x800).jpg
002 (800x600).jpg
    
    みなさまこちらの生地在庫は最後の1点です。
    興味のある方は京橋店の菱田までご連絡下さい。





右肩型下がり強、我ながらこの体系の凄さにびっくり (*_*)



ページトップへ
2014.08.26

トラッドファンのページを作ってます!

オンラインショップ担当の蓮見です。
今週の東日本は過ごしやすい気候です。
一日中曇り空で、いつ降ってもおかしくないような天気ではありますが。

ですのでチャリ通勤は封印。
久しぶりの電車通勤です。

まだ学生達が夏休みとあって、電車も混雑していませんし比較的快適な
通勤でした。


さて、先週のブログで「1950年代のアメリカ文化を研究する」というテーマを
掲げて1週間。
自由研究ばかりでは商売にならず、楽天のオンラインショップの模様替え
の一環として、アメトラファンのための「アメトラ集合ページ」を作成して
おります。

まだ完成とは言えませんが、ひとまずひな型だけ作りました。


メイン画像はこちらです。

bnr_ametra2014aw.jpg


そういえば、あるアメトラファンのお客様からのご意見ですが
「最近のフランネルは柔らかすぎて昔の風合いがない」

というお声をいただいたことがあります。
確かに当社の年配社員からも同じ声を聞きます。


言い訳がましいですが、「工業製品の進歩の仇」とでも言いましょうか。
技術や機械の進歩で繊維も細くしなやかで、ウールやポリエステルでシルク
のような光沢を出せる時代です。

一方で、(現在の基準で)効率の悪い昔の品質は「粗悪品」というレッテルが
貼られてしまうのです。
それこそハリスツイードなど全部【B級品扱い】なってしまいます。

しかし、私が感じるところ、そういった方向から昔のような"本物"を深く追求す
る動きも出てきています。
本格的に始動してもらいたいものです。
業界人としても、一個人としても・・・。


本題に戻ります。

このアメリカン・トラッド特集に、命の息吹を与えるために更なる改善を進めて
いきたいと思います。
例えば?
ちょうど本ブログで連載中のお客様!出番ですよ~♪」に出演くださったお客様
のなかにもアメラ・ファンのかたもいらっしゃいますし、今度楽天にもご出演願お
うと考えています。

わたしたちと一緒にアメトラワールドを作ってみませんか?


終わりなき企画にまい進中でございます。
風邪など召さぬよう<(_ _)>


◆アメトラ集合ページはこちらです!

    ▼    ▼    ▼


ページトップへ
2014.08.25

プロの一品をご紹介

★アイロン両面接着テープ

 

あまり一般消費者にはお目にかかれない商品をご紹介いたします。

スーツに関わっている者としても、知らない商品であるかもしれません。


                     アイロン両面接着テープです

IMG_0130.JPG

 どのような時に使用するかと言いますと生地と生地を仮止めする時に使用します。


例えば、非常に多く使用するのはスラックスの裾上げに使われています。

通常はマチバリを使い仮止めをし、千鳥掛け等で裾を上げると思いますが、このテープを使い仮止めをして、スラックスの裾を上げていきます。


                   シングルで裾上げをする為にマチバリ

                   を打って仮止めをしています

IMG_0132.JPG

 

アイロンの熱でテープ部分の接着剤が溶け、生地と生地が合わさります。

マチバリを取って裾上げの場合、マチバリが無い分非常にスムーズに仕事がはかどります。

また、生地と生地のずれもなく、綺麗に仕上がります。

 

他の用途としても細かい個所をおさえる場合でも、洋服を作り込むのに非常に便利に使われています。

 

洋服に限らず、洋裁で使うアップリケ等に使われているみたいですよ。

洋服の附属品を扱っているお店では販売されていますが、一般的にはこのテープは洋裁店でも購入できると思います。

 

100円ショップでも、テープではありませんがシート状の物がありました。

シート状であるために、こちらは必要に応じて切って使用します。

(目的を持って使いたいときはこちらが便利かもしれませんね。)

 

スラックスの裾上げ等を、自分でどうにかしようと考えない人は必要のない物かもしれません。

あるいは、以前から知っていて当然使っていますと言う方もおられると思います。

 

使った事のない方は

スラックスの裾上げに是非一度チャレンジしていただきたいと思います。

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2014.08.23

ドーメルiconik(アイコニック)のご紹介ですが、長い前置きがあります


 神田南店の中村亮太です。

 6連休中に走力アップとダイエットのため、初日の12日に9.68km、翌13日に16.6km、一日

 おいて15日に33.1kmの合計59.38km走りましたが、走力はともかく痩せることは全くできま

 せんでした。必要なこととはいえ水分等を補給し過ぎているのでしょうか?本当にダイエットがはか

 どりません。。。

 11月の『湘南国際マラソン』のコスチュームの方は決定し、そちらは準備が着々と進んでいますの

 で、そのコスチュームと、ついでにスーツがバッチリ似合うオヤジになるため、頑張り続けたいと思い

 ます。

  ちなみにコスチュームは今回も専属の職人さんに依頼しています。(弊社の、ではありません)

     201408湘南1.jpg  201408湘南2.jpg 

 
 完成イメージがないとわからないと思いますが、前回 トントjpg.jpg は「怖い」と沿道のお子

 さんたちに不評で若干寂しい思いをしたため、今度はカワイイキャラクターにしました。着用するの

 は私ですからよく見れば当然「キモい」のですが、パッと見(色や形態)はまぁ、カワイイです。今

 後も進捗状況を画像などでご報告しますので、ぜひ応援(?)してください。よろしくお願いします。


******************************************************************************


 さて、前回のブログでゼニアの服地サンプルをご覧いただきましたが、今日はDOUMEUIL(ドーメル

 )のiconik(アイコニック)をご紹介致します。ここからが本番です。^^

   ドーメルiconik1.jpg     
          ドーメルiconik3.jpg  
                        ドーメルiconik2.jpg
                                              ◆ スーツ価格 ¥119,000(+消費税) 

                                          

  このiconik(アイコニック)は、創業1842年170余年の歴史を持つドーメル社が長年の伝統で

 培った「フィニッシング加工」を施しており、今までにない特別な風合いを備えています。ウェイト

 は秋冬物の中程度と言われる300gを大幅に下回る250gと大変に軽量で、真夏を除いた大半

 の季節にご着用いただけます。(ドーメルの商品説明ではオールシーズンのような扱いでした。

 確かに屋内専用であれば一年中OKでしょう!!)

 ドーメル社のアイコン服地であるSportex(スポーテックス)、Tonik®(トニック)に続き、その名の

 通りドーメルの新しい"アイコン(icon)"として開発された新世代服地です ---

 今シーズン、スーツファクトリーdpiではそのコレクションの中から選りすぐりの6色を皆様にお届け

 致します。高価な生地なためごく少量の仕入になっていますので、どうぞお早めにご来店、ご検

 討下さいますようお願い申し上げます。


 読み返したら前置きも本題も「お願い」で締めくくるというなんとも稚拙で厚かましいブログになっ

 ていました。なかなかテス・オーヒラのような文章は書けませんネ。っていうか、オーヒラさん最近

 ブログは?お願いしますよ~~。  ← お願い三段締め (^▽^;




ページトップへ
2014.08.22

修行第十二歩:リクルート・スーツ(8)鞄編

dpiブログをご覧の皆さまこんにちは、ご無沙汰をしておりました内田です。
前回更新の際に「猛暑日のピークは過ぎたらしい」と書きましたが高気温の日が続いていますね・・・。

お盆休みではこちらでも宣言しました通り、舞台三昧の日々を過ごしてまいりました^^
この五年ほどで十回以上観ている大好きなミュージカル、以前映画化もされ今回初来日した海外作品・・・。
実はあともう一作品観に行く予定があり、この夏は三作品で六回ほど劇場へ赴くこととなりました。

衣服に携わる仕事に就いたことにより、やはり今までとは衣裳を観る目が変わったように思います。
この夏観た作品の中では、初来日の海外作品に登場するある動物のパペット、を操るパペティアの方々の衣裳に目を奪われておりました。
日本の伝統芸能で言う「黒子」にあたるのですが、ハンチング帽+ベスト+スラックスとスマートな装いで、とっても格好良かったです・・・!!
もちろん作品自体もたいへん素晴らしかったです。一回のみ鑑賞のはずが気付けば終演後に劇場ロビーで「リピーター・チケット」なるものを購入し、二回目の観劇予定を決めましたもの・・・。


さて、お久しぶりのブログですが、今回も「リクルート・スーツ」、の際に持つ鞄についてお伝えします。

就職活動期の鞄、と言いますと大半の方は革製のものを思い浮かべられるかと思います。
私自身使っていたのは革製でしたし、身近な友人も革製を愛用しておりました。

お選びいただく際のポイントとしましては、「ベルト・靴に色を合わせること」。
この点を押さえて頂くだけで統一感が生まれます。

男性の場合ですと革製品の他、ナイロン製の鞄をお持ちの方もお見かけしますね。
こちらを使われる際も、やはりお色味、そしてカジュアルになり過ぎないデザインをお選び下さいませ。

女性の場合を申しますと、バッグの持ち手部分の長さも重要になるかと思います。
肩に掛けたまま移動される方を多く見受けますが、説明会会場等では肩ではなく腕(肘部分)に掛ける方が良いという話を聞いたこともございます。
気持ちを切り替える意味でも、鞄の持ち方を意識してみるのも良いのではないでしょうか?

機能的な面で私の意見を申しますと、A4ファイルよりやや大きめであり、厚みがあるものがお勧めです。
なぜ「A4よりやや大きめ」なのか?なぜなら、履歴書等、就職活動関連の書類はA4サイズが多いですが、それらを入れる封筒はA4をはみ出る場合がとても多いのです・・・。
大学指定の封筒をいかに綺麗に持ち歩くか、が試練の一つだったように記憶しております。

また、靴やスーツと同様、鞄のお手入れもお忘れなさいませんよう。
鞄に関しましては私、靴と同じか、はたまたそれ以上に傷がつきやすい印象がございます。
折角身につけているものが整えられていても、持ち物が傷んでいては勿体ないですね。
購入時、耐久性についてお選び頂くのも一つの手段かと思います。


夏休みを終えた方、これから夏休みを迎える方・・・どなたもが健やかに夏の終わりを楽しめますように。
秋冬物に囲まれつつ、本日よりまた気合を入れて修行に取り組んでまいります^v^


ページトップへ
2014.08.21

NEWパターンメイドシャツ。


 みなさん、こんにちは!! 京橋店の坂巻です。

本日は、8月1日より新しくなったパターンメイドシャツをご紹介します。(^O^)/

早速、私も2枚オーダーしてみました。出来上がったのは下の写真です。

タイトルにあったNEWとは、従来オプション(1,000円+消費税)となっていたサイズの
補正料金が無料!!となりました。(^O^)/ 今までオプションの為、補正を諦めていた
お客様もそして、オーダーしてより体にフィットしたシャツを望んていたお客様、
これからは、よりシャツをオーダーするのが楽しめるようになりました。\(^o^)/


そのサイズ補正の内容でございますが・・・

※肩幅・・・+-2cmまで(1cmごと)   ※胸回り・・・+-2cmまで(1cmごと)

※胴回り・・+-6cmまで(2cmごと)   ※裾回り・・・+-6cmまで(2cmごと)

※後身丈・・+-8まで(2cmごと)     ※カフス周り・・+-2cmまで(1cmごと)

上記の補正がオプションとなっておりました。





P8080003 (523x800).jpgP8080004 (540x800).jpg
今回私がオーダーしたのはこの2枚です。

こちらは白地に織り柄ストライプとなっております。
新たに補正を加えたところは、
肩幅+1cm・胸回り-1cm・胴回り-4cm・後身丈-6cm

このシャツで唯一のオプションはネームの500円(+消費税)です。







P8080007 (538x800).jpgP8080009 (491x800).jpg



2枚目は、クレリックでオーダーしました。

体型補正は1枚目と同じです。
オプションとなるのは、
クレリック仕様1,000円(+消費税)&ネーム500円(+消費税)です。








         着用してみますと、さすがにフィット感が違いました。今回は胴回りを
         4cm詰めましたので、従来少々気になっていた胴回りのダブツキが解消されました。
         そして、後身丈を6cm短くしたことでスラックス着用時の裾のしまいやすさが
         格段に違いました。
     
         みなさんも、是非お試しください。<(_ _)>



ページトップへ
2014.08.20

超目玉品  名門  カルロ バルベラ社 ジャケット服地

コンニチワDAIZOです。



毎度ありがとうございますdpi京橋店の菱田です。皆様朗報です先週に引き続き今週も掘り出し物のご紹介です。本日はイタリア服地業界の大御所、カルロ バルベラ社のご紹介です。
創業は1949年 イタリアはビエルモンテ州ビエラ地区に工場をかまえる筋金入りの高級ミル。オーストラリアのウールオークションにおいて最高品質のウール原毛を買い付ける事で有名な会社です。原毛の買い付け時には購入金額には糸目をつけない事でも知られている会社。私は基本的にイギリス製服地のハリ、コシのある商品が大好きです。カルロ バルベラに関してはイタリア製服地になりますがイギリス服地同様のクオリテイー&コシの有る商品を織り上げます。ファッション性、品質面をトータルするとカルロ バルベラ社の服地が一番の贅沢品になります。 日本での知名度はまだまだ少ないのが残念です。バルベラ社服地の購入を考えるのであれば今のタイミングが一番です。 皆様お見逃しなく (^O^)




肝心な価格帯ですがレギュラー ジャケットお仕立て上がり45,000円 プラス 消費税となります。

私的にはグレードアップのお仕立てがお勧めで袖もカサネ釦の本開きなんかお洒落ですよ。




※ 在庫が少ないためご注意のほど願います。販売はdpi京橋店、神田南店で購入可能となります。




      生地品番  J 4846-1  ウール100%     イタリア製

007 (600x800) (2).jpg
002 (600x800).jpg
服地の表面はワッフッル調の織柄               色はヤヤ濃い紺色



010 (600x800).jpg
006 (800x411).jpg

服地ですが秋冬物のわりにそれほど厚くありません。
この服地であれば9月の早い時期から着用できます。
季節を感じさせないスリーシーズン素材です。






005 (800x600).jpg
        カルロ バルベラのジャケット1着いかがでしょうか (^J^) 早いもん勝ちですよ。


ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング