SHOP BLOG -最新情報をお届けします

2015.07.02

足元もスタイリッシュに!!


 みなさん、こんにちは!! 京橋店の坂巻です。

梅雨独特のどんよりした雲に覆われ、ハッキリしない天気が続いておりますが
みなさんいかがお過ごしですか?!

私の実家の方もやっと田植えの目処がつき、毎回の腰の辛さと水田の眩しさから解放
されそうです。(^o^)
人が手を加え、モノをつくる意味では、我がスーツファクトリーdpiも同じです。
ご注文を承ってから服地を裁断し、いくつもの工程(人の手が加わり)を経て
お客様の大切な1着が出来上がります。

 7月になり今年も折り返しとなりましたが、前半も沢山のお客様に出会い、楽しいお話を
させていただきました。(^O^)/ 後半もお客様に最適なスーツをオススメしていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>


さて、本日は私坂巻の散財?!いや、投資したモノがございますので
ご紹介いたします。(^O^)/

いつもは、スーツをご紹介しておりましたが、今回は足元を彩るドレスシューズです。


P7020005 (645x800).jpgまず、1足目はコチラのブラックです。フォーマルシーンにも
                       最適な内羽根式ストレートチップ。
                       私は、ワイズ(足囲)が狭いのでスーツ同様フィット感が
                       イマイチな靴が多かったのですが、こちらの靴は試着したら、
                       ピッタリで即決でした。このスタイリングでしたので、イタリア製
                       かと思いきや、dpiと同じMADE IN JAPANでした。(^O^)/
                       日本の匠を感じつつ、クリームを塗りました。
P7020007 (670x800).jpg



思わず、もう1足買っちゃいました!!

P7020001 (675x800).jpgこちらは、こげ茶のスエードシューズです。
                       一般的には、スエードというと秋冬のイメージだとお思いで
                       しょうが、今では夏でもオシャレアイテムの1つになり通年履け
                       ます。実は、スエード靴は本来雨の日に履く靴として開発され
                       ました。お手入れも簡単で、使いまわしの効くアイテムです。
                       オン・オフ、ウールスーツ・デニムやチノパンに合います。
                       このスタイリッシュな靴もMADE IN JAPANでした。(^O^)/
                       改めて日本の底力を見せつけられました!!感動です。
P7020002 (581x800).jpg

             皆様も、足元には気を配っておられると思いますが、お持ちのシューズに
             感謝しつつ、着回しならぬ履き回ししてみませんか。


============================================


P4090056 (800x600).jpg京橋店MAP_l0 (424x360).jpg
SUIT FACTORY dpi京橋店
〒104-0031
 東京都中央区京橋2-8-21
             昭和ビル別館5F
            TEL 03-3564-3285
        定休日:火曜日

旬な情報満載!! メールマガジンのご登録は こちら 




ページトップへ
2015.05.11

バラクータのスイングトップ

〇懐かしい商品のご紹介その2

かれこれ20数年前に購入いたしました商品のご紹介です。

年末に衣類関係を整理したところ出てまいりました商品です。

 

バラクータG9メルトンウールスイングトップです。

AIMG_0207.JPG

 

BIMG_0210.JPG



本来はG9のコットンベージュを購入予定でしたが、迷いに迷いメルトンウールを買ってしまいました。

 

決定要因としては、色がグレーであった事、メルトンウールの方が希少価値がありそうである、スラックスに合わせるには

こちらの方が合わせやすい等を考えた結果でした。

 

 

着用機会も、なかなか多くはありません。特に季節が限られてしまいます。(メルトンウールは厚手です)

季節が寒くなる11月から3月まででしょうか。

 

やっぱりコットンベージュも捨てがたいなと今でも思っています。

 

現在、この型のブルゾンはめっきりと少なくなってきました。あらゆるデザインを取り入れ伝統的な型が少なくなっています。

やはり伝統的な型は良いなあと感じています。

 

伝統的な商品はみなさん大切に使いましょう。

保管期間が長くなりそうです。

 

 

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2015.02.09

コイン ローファー

〇 G.H.BASS Penny LoaferLOGAN)を購入いたしましいた。

茶色のカジュアルで使えるローファーを以前から探し求めておりました。

昔から比べますと、洋服と同じく靴にも流行が有り、イタリアン調の足先が尖った靴が多く、アメリカン調の靴はめっきりと少なくなりました。

 スリッポン、もしくはローファーを探しておりました。


BASSのコイン ローファーは昔から注目をしていましたが、購入までは結びついていませんでした。

店頭で商品を見る機会は多分にありましたが、期間が過ぎますとその商品は店頭には無かったり。

 インターネットでの購入を考えましたが、サイズに不安があり、なかなか購入に踏み切れません。

 

購入は、サイズの確認を含め現物を店頭で購入いたしました。

BURGUNDY  US 8.526.5CM)いい色ですね!

IMG_0220.JPG

 

サイズに関しましては、通常のビジネスシューズの大きさは25.5CMを買っておりましたが、実際にこの靴を履いてみますとUS 8.5でございました。(細めの靴でした)

 

洋服の着用もそうであるように、1日着用しましたら休ませてあげるのが基本です。

靴も、洋服に合わせるのは当たり前でありますが、1日履いたら休ませます。当然雨降りの日は履けませんね。

 

大切に履き、靴の手入れをし、長く履いていきたいと思います。

 

最後に、サイズの確認は出来る限りされる事をお薦めいたします。

サイズは、メーカーごとに型ごとに違いが有るものです。

洋服のサイズに関しても、一番は店舗で実際に採寸をすることですが、、それがかなわない場合は現物採寸サービスを選ばれて、自分の一番気に入っている洋服を送りサイズを確認されることをお薦めいたします。

 

 

 

 

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2015.01.19

懐かしい商品のご紹介

バッファローブレイド柄のジャケット


かれこれ20数年前に購入いたしました商品のご紹介です。

年末に衣類関係を整理したところ出てまいりました。

買った当初はこんなジャケットを着用するのかなと思うほど派手目な商品です。案の定、着ていく場所もほとんどなく、タンスの定位置にずうっと眠っておりました。


IMG_0213.JPG

 

バッファフォーブレイド柄はタータンチェックの一部です。

商品は伝統的な赤、黒のチェック柄で、ツィード系の素材、品質はウール70%、ポリ30%でした。

このジャケットはハンティングジャケットなのかとは思います。

色が赤、黒の為非常に目立ちます。ハンティングの時に、間違いで撃たれない様にとこの色が使われているようです。

 

このジャケットにはもう一つ特徴があります。

背中の下部分の両脇にポケットが付いています。実用的に使える仕様にはなっていますが、何に使うポケットなのか未だに分かりません。ただのデザインなのか?

 

バッファローブレード柄は、

良く見かける商品としてはシャツ、小物が多く、ハンティングジャケットとしてはあまり見受けられません。

紳士の商品も流行がありますので、何時かは復活してまたこの商品が出てくるかわかりません。期待してお待ちください。

 

残念ながら生地自体も、ここ数年見る事も無く在庫はございません。

テーラードジャケットとしてお作りする事ができませんのでご了承ください。

 

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2014.12.09

革を育てる

今日は12月9日。
あと3週間余りで今年も終わりです。

仕事に、忘年会に、何かと多忙な月ですが、ますますお健やかにお過ごし
のこととお慶び申し上げます。
でも、今年も寒くなってよかったです。

だって、ハリスツイードのジャケットをお買上のお客様は、寒くなってくれな
いと、せっかくのハリスが着れませんから(^o^)
インナーにシェットランドのクルーネックセーターを合わせてコーディネイト
を楽しんでみてください。

さて、今日は革製品を育てるというタイトルですが
久しぶりの雑誌「Free&Easy」の登場です。

magazine023.jpg

早速、オールデンのコードバンのチャッカーブーツが登場です。
相変わらず"いいツラ"してます。
お値段は・・・10万円くらいですか?

畏れ多くて育てる勇気がもてません。
私にはせいぜい2~3万円くらいの靴でOKです。

それに、わたくし現在ジーパンの501を育成中ですので。


以前にもブログに書きましたが、いい靴に巡り合えるように色々とヒマを見
つけては、シューズショップに立ち寄るのですが、なかなか縁がなさそうで
引き続き"相棒探し"を継続中です。


そんななか、いい感じに育ってきている革製品は無いか?と思いましたとこ
ろ、尻のポケットにこんなモノが入っていたことを忘れてました。
いつ購入したか忘れてしまいましたが、紙製品メーカーの「ミドリ」が発売
しているトラベラーズノートです。

IMG_0031.JPG

ノートと言っても、わたくしノートとして使ってはおらず財布代わりに使って
います。
定期のICカード、セブンイレブンのナナコ、運転免許証、保険証、タバコ購入
の際に使う「タスポ」などがっております。

落としたら大変なモノばかりです。

IMG_0032.JPG

毎日、毎日、尻ポケットに入れて立ったり座ったりの繰り返しでして、キズは
つくワ、変形するワですが、味が出てきていると思います。
1ヶ月に1回くらいの割合で、靴のクリームを塗ってますのでツヤが出てき
ています。

少々忙しい時期なのでブログ執筆に準備が不足していまして、つまらない
ものをお見せしてしまいましたが、自分だけにしか出来ない育て方で育った
革製品は、とても愛着が湧きますので手放せなくなりますね。


本来は、オールデンも育成してみたいのですが、10数年後獲得する退職金
で1足購入し、じっくり育てて冥土の土産にしたいと思います<(_ _)>


ちなみに下の画像は、Free&Easy誌の背表紙
京橋店のDAIZOも持っている、レッドウイングのベックマン。
あいつ、ちゃんと育てているのだろうか・・・。

自分が、奥さんに育成されているという噂も聞いたが・・・。
はてさて・・・。

magazine024.jpg

ページトップへ
2014.09.01

革製品のお手入れに

★ラナパー(レザートリートメント)をご紹介します


革製品のお手入れはどうさせていますか。

ファッションには洋服のほかにカバン、ハンドバック、財布、革ジャン・コート、靴などの革製品がつきものです。

洋服のお手入れの同様に、これら革製品のお手入れはされていますか。

 

洋服は身近な商品であり、季節もあり、汗や汚れで良くクリーニングに出されていると思います。

しかしながら、身近な商品であっても、ついお手入れを忘れがちになってしまうのが革製品であるかもしれません。

特に季節もなく、特に匂いが付くでもなく、雨に濡れてもタオルでふくぐらいと思います。

 

新品同様にはならなくとも、お手入れさえしていれば、新品とは違った味が出てくるものと思います。

洋服と同様に、ファッションでありますから、丁寧に手入れがされ、大事に扱っているのかどうかは分かってしまうものです。

                    ラナパー Made in Gemany

IMG_0134.JPG

こちらの商品はメジャーな商品であると思います。

革製品の保護ツヤ出しクリームです。

表面をコーティングして保護する働きがあります。

こちらの商品は革製品以外でも、色々な商品でも使えるみたいです。


                                             説明書です

IMG_0135.JPG

ちなみに私は特にカバン、財布、革ジャンに使用しています。透明なものですので色々な色であっても大丈夫です。

是非一度お使いいただき、革製品を大事にして扱って下さい。

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2014.08.04

コードバンのコインケース

○コードバン馬蹄型コインケースを新調いたしました

新調したという事は今でもコードバン馬蹄型コインケースを使用しています。

社会人になり30数年にはなりますが、このかたちのコインケースを持とうと思ったきっかけは男性洋服雑誌で知ったのだと思います。

 

 初めに購入した商品はK○○tの商品でした。それ以来このかたちのコインケースを愛用しています。

通常の牛革コイン入れより物もちが良く、カッコ良く頑丈に出来ています。


IMG_0125.JPG

          色は黒です   光沢がいいです

IMG_0127.JPG

今まで使っていましたコインケースは、コードバン自体は丈夫なんですが、長く使っていますと縫製の糸が先にダメになります。あまり手入れをしていない分、光沢が無くなってまいりました。

 

洋服、ワイシャツ、靴の様にローテーションにより物自体を休ませて使用するのがベストであると思いますが、そのような使い方はコインケースは無理でしょう。

 

要するに使い方及び手入れの仕方により使用期間が決まるようです。

 

 

コードバンを調べてみますと、馬の革は全てコードバンではないようです。(今まで勘違いをしていました)馬の種類も私が好きなサラブレッドでもないようですし。特殊な馬のヒップ部分の表革でもなく、内側の皮質部分であるようです。(なぜこの様に光沢があるのでしょうか?)

 

 コードバンには他の紳士用品として、あまり見かけませんが靴とベルトがあります。丈夫で良いとは思いますが、なかなか高価なもので手がでません。

何時かはベルトには、チャレンジして行こうと思っています。


新調したコードバンコインケースも、洋服、靴の様に今後は手入れをし、長く使用できるように心がけていきたいと思います。

 

 

                                    dpiスタッフ天海でした

ページトップへ
2014.07.24

明るめのグレースーツにはライト ブラウンの靴が似合う

みなさまコンニチワDAIZOです。




ボーナス前に購入したスペイン製のメルミン。夏場にかけて明るいグレー&ブルー地のスーツ
に合わせようと思い迷わず即決。 本来の私はブリティツシュ系でノーズが卵型靴が好み、しかし今年作製したスーツは色目が明るくトラウザースはテーパードラインの物が多い。しまった (+_+)たまにはイタリアンな感じで攻めるのもいいかもしれない。足元の靴は黒ではなく明るめの茶色でお洒落にいこう (^O^)




018 (569x800).jpg

               ストレートチップにメダリオンいたってシンプル。

             サイズは7 日本サイズだと25cm位。普段は7ハーフを履いています。
             今回は革質が良くある程度なじんで伸びることもあり7サイズにしてみました。



016 (800x745).jpg



横から見たフォルム、なんとなくブリティッシュ感出てます。 画像後ろのライトグレー地には相性のい
い色目だ。 

※ちなみに画像の商品はスーツお仕立て上がり59,000円 プラス 消費税
上がピエール カルダン、下がリチャード チャールズとなります。


015 (800x512).jpg
028 (800x723).jpg
 
ブルー地のスーツにも相性は良く、さらに渋く攻めるならば足元はバーガンディー色の靴も組み合わせOK。 ジャケットのVゾーンは少し砕けてニットタイをチョイス、これにより堅苦しさがぬける。             決め手は私の顔を出してないので意外といいかんじで決まりました。

   今年の夏は皆様も思い切って明るめの茶色靴を履いてみてはいかがでしょうか。
   


029 (417x800) (417x800).jpg
039 (343x800).jpg

ページトップへ
2014.02.10

家の中でデッドストック

まるで京橋店のDAIZOのようなタイトルです。

彼は、洋服や靴などを購入しても下ろす機会を失い家の中でデッドストック状態の

ものがたくさんあるらしいですが、私も人のことを言えないのです。

 

先日デッドストックのジーパンを下ろす機会がありました。

ちょっとした心境の変化でしょうか。

 

数年前に購入した501です。

20140206_074051.jpg

 

ご存知のように501は未洗いの状態で売っているので、洗濯するとかなり縮みます。

ウエストで約4~5cm、股下で10cm弱縮むのです。

もちろんワタリ~裾幅もです。

上の写真は洗った後の画像です。

 

しまった!洗う前にも1枚撮影しておけばよかった・・・。

 

 

洗うときは恐る恐る洗いました。

もちろん乾燥機などに入れません。

縮みが大きすぎて穿けなくなったらシャレになりません。

 

しかし、そんな心配は杞憂に終わりました。

ちゃんと穿けます。

 

40歳台前半より、いわゆる中年太りという目に合いましてスーツもカジュアルの

衣類も着れなくなってしまったものが多く悲惨な思いをしました。

昔は細かったのに・・・。(誰でも同じこと言いますね)

 

40歳までは31~32インチでよかったのですが、今はご覧の通り34インチ・・・。

単純計算で86cmほどです(T_T)

20140206_073724.jpg

 

 

ここのところ特に夜の食事は野菜を中心にするよう心がけてます。

その甲斐あって、昨年の夏場には72kgくらいだった体重も、いまは67kgほどに

落ち着いています。

 

今年の春夏商品で、ストレッチデニムの生地を扱おうと思ってますので、わたしも

1着購入しようと考えています。

ストレッチだから・・・という甘い考えはNGです。

あまりピタピタの洋服を着るのには、年齢的に手遅れです。

適度なゆとりを持ち、なおかつ細く見えるようにさらにもう2~3kg落とそうと考え

ています。

 

昔あこがれたアイビースタイルのひとつ、ネイビーブレザーに、ホワイトジーンズ

のコーディネイトをやってみようかと思います。

なにせ白いボトムスを穿くとただでさえ短い足が余計短く見えてしまうので、少し

でも細い足に戻そうと必死です。

 

みなさんもこんな悩みありますか?

あるのでしたら下の「いいね!」ボタンを押して下さいませ(^o^)/

ページトップへ
2013.10.07

ピストレロの靴

久しぶりに、GOODな靴に出会ったと率直に思いました。

まだ暑い8月のお盆休み期間中

みんなが休んでいる間に、生地撮影などを済ませようと会社に出勤。

 

午後3時ごろキリのいいところで仕事を切り上げて、チャリで上野アメ横へ。

いつも入りなれた靴屋を一通り物色しつつ、久しぶりに入った仲通り沿いのショ

ップの店頭に陳列されていた「ピストレロ」のプレーントゥに惹かれ、そのまま購

入しました。

 

以前から雑誌等で名前だけは知っていたのですが、わたくしインポートの靴は

ワイズ(幅)が合わないため、できるだけ国産のモノを探していたのです。

 

が、この靴なかなか柔軟性があって私の幅広の足でも気持ちよく受け入れて

くれます。

※2010年暮れに購入したレッド・ウイング8875には、いまだ好かれていないよ

  うで・・・。少しづつ飼いならしてはいるのですが・・・。

  ちょっとでもキズが出来ればすぐにミンクオイルでケアしてあげているので

  すけどねぇ・・・。

 

もっとも、ピストレロの靴も1つ上のサイズを購入しましたが。

 

このブランド、メキシコ製です。

「ピストレロ」というブランド名は、スペイン語で"ガンマン"だそうです。

なるほど、パッケージのデザインがピストル2丁をモチーフにしておりますね。

20131004_075034.jpg

 

そうか、ピストルですね。

ピストレロ・・・自分だけ納得

 

さて、今回購入の靴は下の写真

黒のプレーントゥ。フリー&イージーによれば「ブーティ・オックスフォード」的な

デザインです。

 

そして、グッドイヤーウエルト製法というのが決め手でございます。

 

20131004_075141-2.jpg

 

わたくし、京橋店の坂巻みたく「先の尖った靴」はどうも苦手でして。

体型やキャラクターから、俗に申します"オデコ靴"が合っていると思います。

スーツよりもジャケスラスタイルのわたくし。

イタリアンよりもアメトラのわたし。

 

なもんで、この形が一番しっくり来ているのです。

 

 

今月の「フリー&イージー」誌は、靴に多くのページが割かれています。

同誌も創刊15周年なんですねぇ・・・。

dpiとほぼ同い年だ・・・。

magazine051.jpg

 

巻頭で広告を出しているピストレロの靴。

なかなか可愛いツラ構えでしょ?

 

magazine052.jpg

 

値段は結構お手ごろで、私が購入した短丈の靴で2万円で50円のお釣りが来る

程度です。

色違いと型違いで、もう2足ほど買いたくなりました。

 

まるでDAIZO並みです。

ページトップへ
誹謗中傷コメントは削除させていただきます。
カレンダー
loading ...
STAFF
坂巻輝行

坂巻輝行
Teruyuki Sakamaki
1974年生まれ
京橋店の店長兼dpi専属モデル
一見大人しそうですが芯は強いんです! お客様にオシャレになっていただくことが最大の喜びです。 仕事でのモットーは“誠心誠意”

菱田大蔵

菱田大蔵
Daizo Hisida
1969年生まれ
京橋店スタッフ
華麗なるギャツビーに見られる1920〜30年代ファッションが好きです。 無類の“スーツ好き”で独特な接客が“売り”の男。 時間を忘れさせて差し上げます!

中村亮太

中村亮太
Ryota Nakamura
1966年生まれ
神田南店店長
健康を考え始めたマラソン。今ではタイムよりいかに目立つかがテーマ。 B型が極めて強いAB型です。 狭い店ですが、お気軽にお立ち寄り下さい!

大平一彦

大平一彦
Kazuhiko Ohira
1952年生まれ
九州男児らしく芋焼酎のお湯割りとアイビーブレザーを愛するラギットな男。 神田南店に大平あり!といわれるほど、日常は店長中村のサポートをしっかりと こなしてます! スーツ太平記をご愛読して下さってありがとうございます!

蓮見寿英

蓮見寿英
Toshihide Hasumi
1962年生まれ
オンラインショップ担当
リアル(店舗)で採寸、ネットで注文!これが現代のオーダースーツ購入スタイル! 単にモノを売るだけでなく、楽しいウエブサイト作りを心がけています。

天海滋貴

天海滋貴
Shigeki Amagai
1958年生まれ
オンラインショップスタッフ
2013年からスーツファクトリーdpiに社内異動してきたdpiでは最古参社員。 やはりこの業界は経験がモノを言います。 明るく楽しくがモットーですのでお気軽に声をかけてください!

RSS
TOP BACK
Staff Blog 楽天ショップ Yahooショッピング